« パソコンの引越し | トップページ | フランス国立放送フィル2002/2003 »

2008年4月 2日 (水)

シューベルトの歌曲 23

グレイアム・ジョンソンの選曲による
「Schubert and the Countryside」という一枚で
歌っているのは、ソプラノのエリザベス・コネル。

追憶(死者たちへの捧げ物) D.101、
無限なるものに D.291、星の世界 D.307、
ケレースの嘆き D.323、自然に寄せて D.372、
朝の歌 D.381、歌「大都会から遠く離れて」 D.483、
日ごと歌う D.533、ガニュメート D.544、
大地 D.579B(D.989A)、悲しみ D.772、
歌「生きる日は重苦しく」 D.788、
全能の神 D.852、緑の中の歌 D.917

珍しい作品が多くて、興味深い。
有名なのは「ガニュメート」や「悲しみ」など。
フィッシャー・ディースカウで「全能の神」を聞いて、
迫力ある響きが次々と覆いかぶさるように追いかけてくる、
その独特な表現にすっかり圧倒されたのだが、
ここでもグレイアム・ジョンソンのピアノが素晴らしい!

iTunes CDR410

|

« パソコンの引越し | トップページ | フランス国立放送フィル2002/2003 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/40743009

この記事へのトラックバック一覧です: シューベルトの歌曲 23:

« パソコンの引越し | トップページ | フランス国立放送フィル2002/2003 »