« 第1613回N響定期公演 | トップページ | NDR交響楽団1999/2000 »

2008年5月 7日 (水)

第1614回N響定期公演

昨日に続いて、今年2月のN響定期公演から
今日は2月15日NHKホールにおける演奏会。
同じくチョン・ミョンフンの指揮である。
メシアンの「忘れられた捧げもの」にはじまり、
休憩後にマーラーの交響曲第9番ニ長調。
昨日のブルックナーよりも、私にとっては
チョン・ミョンフンはやはりマーラーだな!って
ブルックナーでもそうだが、すごく美しい音を引き出している。
このマーラー第9は名演だと思う。大切にしよう!

ということで…この演奏なのだが、
BS2で放送されたものを録画して、映像付きである。
テレビの前でずっと見ているわけにはいかないので、
チョン・ミョンフンの指揮姿は魅力的なのだが、
今は音を中心にオーディオで鑑賞している。
でもどうも音がいまひとつ…物足りない。
FM放送の生中継も録音してある。
「スカパー!光」経由でBS2を受信しているのだが、
有線からの音源なので完璧か!って期待したけれど、
これではFM放送の方が上質かもしれない。
BS2でもアナログである。やはりそこが問題?
というのは、デジタル放送で録画しても
「コピー・ワンス」でHDに1回限りの記録である。
(DVDに移動することは可能だが…)
それでBSアナログで録画せざるを得ない…
映像としてはすごくいいので、こちらも重要な記録ではあるが、
今回のこのマーラー第9は、いずれ改めて
FM放送からの音源をCD化しようかと…

DVDR007

「チョン・ミョンフン」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 第1613回N響定期公演 | トップページ | NDR交響楽団1999/2000 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/41126609

この記事へのトラックバック一覧です: 第1614回N響定期公演:

« 第1613回N響定期公演 | トップページ | NDR交響楽団1999/2000 »