« NDR交響楽団1999/2000 | トップページ | 新築住宅の見学会 »

2008年5月 9日 (金)

NDR交響楽団1999/2000

ハンブルクNDR交響楽団の1999/2000シーズンから
ギュンター・ヴァントの指揮による演奏会で
昨日に続いて、プログラム後半のシューベルトの「グレイト」
(2000年1月30日 ハンブルク・ムジークハレ大ホール)
引き締まって、隅々にまで非常に丁寧に音楽を扱っていると
ギュンター・ヴァントならではの厳格な姿勢を感じるのだが、
昨日のト短調に比べ、こちらは明快なハ長調であり、
ずっと豊かに広がりある響き、柔和な表情も聞こえてくる。
ここでもやはり何か特別なことって何も起きないのだけど、
シューベルトの交響曲が普通に淡々と進み、
しかしヴァントと北ドイツ放送交響楽団(当時の名称で)は
渋い中にも圧倒的な存在感を示していた。
そういえば、ギュンター・ヴァントの最後のコンサートで
シューベルトの第5番の交響曲が演奏されているし、
この年の秋、最後の来日を果たしたが、
そこでは「未完成」が取り上げられていた。
晩年のヴァントはシューベルトをよく指揮していたのだ。
感動的な名演である。まさに宝物のような録音。

CDR429/430

「ギュンター・ヴァント」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« NDR交響楽団1999/2000 | トップページ | 新築住宅の見学会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/41151414

この記事へのトラックバック一覧です: NDR交響楽団1999/2000:

« NDR交響楽団1999/2000 | トップページ | 新築住宅の見学会 »