« 東京に行ってきました | トップページ | ネーメ・ヤルヴィ 5 »

2008年6月29日 (日)

落語のCD化

集めた落語の録音をCD化。
「あくび指南」十代目柳家小三治
「強情灸」五代目柳家小さん
「ねぎまの殿様」五代目古今亭今輔
「あくび指南」は夏の舟遊びを想像しつつ
風流な情景の中で出るあくびをお稽古するのだけど、
聞いているとこちらまで眠くなってきそうだが、
稽古がはじまると江戸っ子の乱暴口調で
そのミスマッチ、思わず笑ってしまう。
志ん生さんの「強情灸」を持っていたのだが、
今回は小さんさん。もぐさが燃えて、噺も一気に熱くなっていく。
そして今輔さんの「ねぎまの殿様」がすごくいい。
殿様と三太夫さんのやり取りが絶品。
そこに煮売り屋(鍋料理を出す)の早口が加わって、
「ねぎま」を「ニャー」と聞き違えるけれど、
町人世界における殿様の滑稽さ、笑える。

|

« 東京に行ってきました | トップページ | ネーメ・ヤルヴィ 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/41691912

この記事へのトラックバック一覧です: 落語のCD化:

« 東京に行ってきました | トップページ | ネーメ・ヤルヴィ 5 »