« バイロイト音楽祭2007 | トップページ | バイロイト音楽祭2007 »

2008年7月16日 (水)

バイロイト音楽祭2007

20080716

バイロイト音楽祭のホームページより
楽劇「ワルキューレ」第1幕第3場の舞台写真である。
http://www.bayreuther-festspiele.de/

2007年のバイロイト音楽祭から楽劇「ワルキューレ」。
今日も第1幕を聞いている。もう何度も聞いてしまった。
ティーレマンの指揮による音楽の部分は、
とにかく隅々まで充実の極みで感動的である。
骨太によく鳴りまくって、立体的に音が立ち上がってくるところ、
よどみなく流れ、その勢いは無骨なまでに堂々と振る舞い、
かつての歴史的な巨匠を思わせる貫録の「ワルキューレ」である。

写真は第1幕第3場のもので
大戸が開き、月の光が差し込むところ。
同じ場面の写真は2006年のでも見た気がするが、
月がでかくて、実に象徴的な情景である。
夜に包まれ、冬を思わせる暗く閑散とした舞台だが、
だからこそふたりを覗きこむ鮮やかな月の姿に望みを抱き、
第1幕の後半、大きく盛り上がっていく。
しかしながら第2幕の悲劇的な展開があるわけで、
「ニーベルングの指環」前半の山場である。

CDR471/472/473/474

「バイロイト音楽祭」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« バイロイト音楽祭2007 | トップページ | バイロイト音楽祭2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/41876472

この記事へのトラックバック一覧です: バイロイト音楽祭2007:

« バイロイト音楽祭2007 | トップページ | バイロイト音楽祭2007 »