« ダニエル・ハーディング | トップページ | 江戸博の「えどはく寄席」 »

2008年8月 8日 (金)

ウォルフの歌曲 1

ディートリッヒ・フィッシャー・ディースカウのバリトン
ダニエル・バレンボイムのピアノで、
ウォルフの歌曲をこれから聞いていきたいと思う。
今日はハイネ、レーナウの詩による歌曲を中心に
1876年から1880年の作品。それに加えて最後に
シェッフェル、メーリケ、ゲーテ、ケルナーの詩による6つの歌曲
こちらは1883年から1887年の作曲。

「ハイネの詩による歌曲」
かわいらしい、赤い唇の乙女 (1876.12.17)
君は花のよう (1876.12.18)
君の瞳をのぞきこむと (1876.12.21)
晩秋の霧 (1878.10.7)
黒い帆かけて (1878.10.6)
月影が荒海の波間に (1880.2.13)

「レーナウの詩による歌曲」
問うなかれ (1879.7.21)
秋 (1879.7.24)
夕暮れの情景 (1877.1.4-2.24)
秋の決意 (1879.7.8)

ある墓 (1876.12.8-10) パイトル
思い出 (1877.4.23-25) マッティソン
セレナード (1877.3.25-4.12) ケルナー
つばめの帰郷 (1877.8-12.29) ヘルロスゾーン
少年の死 (1878.5.3-6) ヘッベル
恋の目覚め (1876) レーナウ
旅にいて (1878) シャミッソー
美しい人!と言わせて (1878.8.11) ファラースレーベン
別れた後 (1878.8.31-9.1) ファラースレーベン
一晩中 (1878.5.23-24) シュトルム

「シェッフェル、メーリケ、ゲーテ、ケルナーの詩による6つの歌曲」
ヴァルトブルク城の見張りの歌 (1887.1.24) シェッフェル
戴冠式にのぞむ王 (1886.3.13) メーリケ
ビーテロルフ (1886.12.26) シェッフェル
銘記Ⅱ (1887.3.1) ゲーテ
さすらい人の夜の歌 (1887.1.30) ゲーテ
憩え、憩え (1883.6.16) ケルナー

シューベルト、シューマンと並んで
ウォルフの歌曲も私は大好きである。素晴らしい!
今回のはほとんどはじめて聞く作品ばかりだと思う。

iTunes CDR481

|

« ダニエル・ハーディング | トップページ | 江戸博の「えどはく寄席」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/42109641

この記事へのトラックバック一覧です: ウォルフの歌曲 1:

« ダニエル・ハーディング | トップページ | 江戸博の「えどはく寄席」 »