« バイロイト音楽祭2007 | トップページ | バイロイト音楽祭2007 »

2008年8月18日 (月)

バイロイト音楽祭2007

20080818

バイロイト音楽祭のホームページより
楽劇「ジークフリート」第1幕第3場の舞台写真である。
http://www.bayreuther-festspiele.de/

2007年のバイロイト音楽祭から楽劇「ジークフリート」。
今日も第1幕で第2場の途中から第3場を聞いている。
第1幕のここでの設定は、理科実験室ということである。
もちろんそれは演出のドルストの読み替えによる。
ジークフリートが映写機で目の絵を映し出しているが、
これはウォータンの目を意味するのか?
実際は絵なので、ウォータンではないけれど。
その下でミーメが化学実験のようなことをしているけれど、
これは第2幕でジークフリートに飲ませようとする
毒薬を調合しているのか?いろいろと面白い舞台。
ミーメはジークフリートの育ての親であり、
先生(ミーメ)が生徒(ジークフリート)に教育を施している
という図式も教室の中で成立している。
先生と生徒の関係は、アルベリヒとハーゲンの親子にも成り立つわけで。

第3場の後半でジークフリートの鍛冶の場面など、
ティーレマンはぐっとテンポを落として、それがまた非常に露骨なのだが、
まさに場面作りであり、ここで一気にジークフリートが前面に押し出されてくる。
もっと透明でスッキリとした演奏もあるのだけど、
ティーレマンは本当にその全く逆を行っていて、
音の隅々にまでじっくり鳴りきっており、それが勢いを生み出していく。
この独特のスタイルが「ジークフリート」の前半にして、結果を出してきている。

CDR483/484/485/486/487

「バイロイト音楽祭」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« バイロイト音楽祭2007 | トップページ | バイロイト音楽祭2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/42208500

この記事へのトラックバック一覧です: バイロイト音楽祭2007:

« バイロイト音楽祭2007 | トップページ | バイロイト音楽祭2007 »