« 物件探しは難しい | トップページ | ヒトラー 最期の12日間 »

2008年8月31日 (日)

五街道弥助 「鹿政談」

よく二ツ目勉強会というのがあるが、
若手落語家が新しい演題を習得して、
それを会場でお客様相手に披露して
噺家にとってはまさに勉強であり、
客にとっては、落語を楽しませてもらうという。
二ツ目でも魅力的な噺家さんはたくさんいるので
私もまたいろいろ聞いて、そういう若手を勉強しようと!

今日は五街道弥助さんで「鮑のし」「親子酒」「鹿政談」
ニフティ寄席で配信されている録音である。
五街道弥助さんは声がよくって、すごくいい。
噺もとにかく上手い。すぐにファンになってしまった。
「鮑のし」というと志ん生さんが有名だし、
「親子酒」も八代目の可楽さんで聞いているが、
そうした名人芸と比べても五街道弥助さんは本当に素晴らしい。
そして「鹿政談」、裁きの場面など格調高く、感動的である。
ぜひこの噺家さんは、これからずっと聞いていきたい人である。
師匠の五街道雲助さんも大好きな噺家さん。

五街道弥助さんの経歴
平成9年2月 五街道雲助に入門 前座名「五街道のぼり」
平成12年6月 二ツ目昇進 「金原亭駒七」と改名
平成17年2月 「五街道弥助」と改名

|

« 物件探しは難しい | トップページ | ヒトラー 最期の12日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/42340209

この記事へのトラックバック一覧です: 五街道弥助 「鹿政談」:

« 物件探しは難しい | トップページ | ヒトラー 最期の12日間 »