« N響「夏」 2008 | トップページ | 瀧川鯉昇 「船徳」 »

2008年8月24日 (日)

黒門亭で柳家喬太郎

今日は落語協会2階にある黒門亭で落語を聞いてきた。
今回もお目当てはもちろん柳家喬太郎!
第2部のトリが喬太郎さんなので、
そちらを目指して、第2部限定で出掛けたのだけど、
入れるか?という心配もあり、とりあえず一度早めに行ってみて、
そうしたら何と!3時からの会でまだ1時過ぎだというのに行列!
やっぱり人気あるんだ!大丈夫?入れるの?という…
時間前に混んでいるので今日は整理券が発行されて、
そうしたら、私は「16」だった。それで一安心。

20080824

柳亭市丸:弥次郎
林家たけ平:竹の水仙
桂才賀:実録金庫破りの源蔵
柳家喬太郎:八月下旬


今日はみんなすごくよかった。
「竹の水仙」で左甚五郎の噺が来たかと思ったら、
才賀さんも名人つながり?で「金庫破りの源蔵」
面白いし、話芸の見事さで夢中になって聞いた。
そして仲入り後、喬太郎さん。最高!
枕から絶好項で笑いっぱなし。二日酔いらしいけど。
あのはじけっぷり!大好き喬太郎さん。
今日は新作で「八月下旬」。はじめて聞いたが、
喬太郎ワールド全開、そして後半は少ししんみり、いい!
枕でも言ってたけど、喬太郎さんの多面的な魅力にふれると
新作を聞くと古典も聞きたい!って、欲が出てくる。
古典を聞くと喬太郎は新作でしょ!って、やっぱり欲が出てくる。
とにかくずっといつまでも聞き続けていたくなってしまう
そういう人なんですから、ファンは欲張りでごめんなさい。
今日はあいにくの雨になってしまったが、
でも聞けてよかった。ありがとうございました。

|

« N響「夏」 2008 | トップページ | 瀧川鯉昇 「船徳」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/42263847

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で柳家喬太郎:

« N響「夏」 2008 | トップページ | 瀧川鯉昇 「船徳」 »