« ウォルフの歌曲 2 | トップページ | 三遊亭圓丈 「グリコ少年」 »

2008年8月11日 (月)

野平一郎 ピアノ・リサイタル

野平一郎の昨年5月24日に行われたピアノ・リサイタル。
会場は東京文化会館小ホールである。
先月BS hi で放送された映像付きで聞いている。
シューマンの森の情景、クライスレリアーナ。
後半はドビュッシーの練習曲集、アンコールにアラベスク第1番。
FMでも放送されたのだが、時間の関係上、
ドビュッシーの練習曲が抜粋になってしまい、
今回は全曲を放送してくれたのでうれしいことである。
シューマンとドビュッシーというまさに私は大喜びのコンサート。
クライスレリアーナとドビュッシーの練習曲全曲を弾いてくれるなんて、
最高のプログラムで、こんなに好みの選曲をしてくれるなんて、
野平一郎は以前から大好きなピアニストなんだけど、素敵!
ピアノの音色がすごくきれいでまずそれが魅力的なのだが、
解釈の点でも、「作曲家の視点」なんて安直なことをいっては
怒られてしまうかもしれないけれど、
隅々にまで細やかな配慮が行き届いて、
譜面にあるどんな音もクリアに見通しがよくて心地いい。
特にドビュッシーの練習曲はさすが!という、
私を夢中にさせるものが詰まっていて、見事だった。

DVDR014

|

« ウォルフの歌曲 2 | トップページ | 三遊亭圓丈 「グリコ少年」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/42140697

この記事へのトラックバック一覧です: 野平一郎 ピアノ・リサイタル:

« ウォルフの歌曲 2 | トップページ | 三遊亭圓丈 「グリコ少年」 »