« ウォルフの歌曲 4 | トップページ | 柳家三三 「五貫裁き」 »

2008年8月27日 (水)

今日の電話大戦争

午前中、両親ともに別の用事で出かけてしまって、
ひとりでいるとこういうときに限って、
続けて営業の電話がかかってくるのだが…


墓地:今日は墓地のご案内で連絡差し上げました。
私:お墓ありますから。
墓地:近くにございますか?
私:はい、近くです。
墓地:それは失礼いたしました。
私:はい、すみません。

って、こういうふうに簡単に済めば、
別に文句もないのだけど。
それから少ししたら、また電話。


通販:長野県の何と何とかで戸隠そばを通販で販売しています。
私:はあ

結構年配の男の人で早口でよく喋る。
この会社の社長かどうかはわからないけど、
アルバイトとかではない、店の人が直接かけてきている。


通販:お宅ではそばは食べますか?そばはお好きですか?
私:はい、食べますけど。
通販:いや、あなたね。そうおっしゃいますけどね。
最近の若い人はね、なかなかそばを食べなくなっていましてね…


そばの消費に関する話が続く。話が長い。


通販:お宅では外食とかされますか?
私:そんなには行きませんけど、出掛けたときとかはね。
通販:うちではね、戸隠そばの生麺をクール便でお届けしてるんです。
テレビ番組(TBS系情報番組)や雑誌でもおいしいって取り上げられてね
評判なんですけど、少しでも食べていただきたいから、
今回はご試食セットを用意して、わざわざ電話して、ご案内してるんですよ。
通常は130gのところをね、今回は特別に150gにしてるからお得でね…

私:はあ
通販:…、…、…。

商品の説明をずっと続ける。話が長い。
はっきりいってしまおう。テレビ番組というのは「はなまるマーケット」。
雑誌は「サライ」と言ってた気がする。


通販:うちはね、三越さんから出店しないかと頼まれたんだけど、
何しろ生麺で保存料とか添加物を入れないから、
店に置いておけないというのでね、丁重にお断りしてね。

私:はあ
通販:…、…、…。

商品の素晴らしさを長々と語りつくす。
よくまあ、そんなに語るね!


私:私、息子なんですけど、今日は両親が出かけてましてね。
通販:でも息子さん、働いてるんでしょ?
私:まあ、自営みたいな感じですけど…
通販:なんか御商売?
私:建築関係ですけど…
通販:この際にね、頼まれるとご両親も喜ばれますから。
私:この電話で決めないといけないんですか?

かなり強引だな。押し売りだよ。


私:ご試食セットっていっても無料サンプルとかじゃないわけでしょ。
通販:無料ってわけにはいかないんだけど、今回はごく少量でね。
6食分でね、4000円弱。3人で2回も食べられるわけですよ。


えっ4000円。高いじゃん。
4000円÷6=一食あたり700円近くする。


私:一食700円ぐらいしますね。
通販:いや、クール便の費用も入ってるから、
そばは600円なんだよね。600円で食べられるんだから安いでしょ。


だから高いよ!


私:家で食べるんだと、そんなに高いそばは食べないから…
通販:うちのはね、戸隠の契約農家からそばを仕入れてね、
自分のとこで粉に引いて、…、…、…、特別なんだから。


使っているそば粉の説明を続ける。話が長い。


通販:そば湯だって、おいしくって、みんな飲んでますよ…
お味噌汁のだしにしてもおいしくてね、…、…、…。


そば湯のおいしさを長々と語りつくす。


通販:息子さんね、ご両親にプレゼントされたらどう?
私:はあ

そりゃね、たまには両親にプレゼントもしないといけないけどさ。
そばかよ!それもそばに4000円もかけるのかよ!


私:いろいろご説明聞いて、よくわかりましたけど…
正直いうとね、うちは、そばは決まったところから通販で買ってるんですよ。
参考にしてもらうといいと思うんだけど、
おいしくって、気に入って食べていて、
そこは一食、百何十円ですよ。700円は出せないな。


※ 千葉県鎌ヶ谷市の「茂野製麺」から買っています。
茂野製麺オンラインショップ:http://www.shigeno.co.jp/
そば、うどん、ラーメン、手軽にできて、すごくおいしいです。

通販:あなたね、それ、乾麵でしょ。
乾麵はね、保存料が入ってて、塩も入ってるんだから。
裏を見てみなさい。カタカナでいろいろ書いてあるから。
お年寄りなんかが食べたらね、高血圧になって、大変ですよ。
…、…、…。


乾麵の悪口が長々と続く。よく言うね。
子供の頃から、即席麺とかカップラーメンとか、
日本人はみんな食べてるんだから、本当に体に悪かったら、
今頃奇形児が生まれるとか、人類滅亡してるよ!
麺に限らず、保存料とか、何にだって入ってるじゃん。

私:電話頂いているわけだから、お分かりだと思うんですけど、
こちらは横浜でしてね、おいしいおそば屋さんも結構あるんですよ。
700円出せば、お店に食べに行った方がいいから…

通販:いやね、うちのはね、茹で時間1分でできるから、
こっちの方が安いわけですよ。


はあ?

私:それはあなた、考え方違うでしょ。
お店は場所を提供してくれて、ちゃんと調理して出してくれるんだから、
家で食べるのとは違いますよ。


700円のそばを茹でていて、こんな電話で話していたら、
とっくに茹で時間過ぎちゃって、台無しだよ!

通販:…、…、…。
私:考え方の違いだから、申し訳ないけど、もう結構!

最後は同時に「
ガチャ!
切りました。

何というか、ああ言えば、こう言う。よく喋る人だ。
それに付き合ってる私も暇人…
かなり長電話になっていたと思う。
でもあんまりいろいろなこと言うので、
最後まで聞いてやりたい気持ちになってしまって…
でも結局、途中から、カチンときて、
頭に来てたからいけないんだけど、ムカついて報告しています。
これは完全ドキュメントですから、みなさんは笑い飛ばしてください。
ちょっとした滑稽噺よりもよっぽど笑える?

|

« ウォルフの歌曲 4 | トップページ | 柳家三三 「五貫裁き」 »

コメント

えらい!答えるだけでも。おれは、即効、間に合ってます。ガチャで終了ですよ。

投稿: 不法者 | 2008年8月28日 (木) 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/42291596

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の電話大戦争:

« ウォルフの歌曲 4 | トップページ | 柳家三三 「五貫裁き」 »