« カラヤンの1960年代 10 | トップページ | ホルスト・シュタイン »

2008年9月14日 (日)

クリーブランド管弦楽団2006/2007

先日BShiで放送されたクリーブランド管弦楽団の演奏会。
フランツ・ウェルザー・メストの指揮によるブルックナーの交響曲第5番。
リンツの聖フローリアン修道院で収録された2006年9月12-13日の演奏。
これが素晴らしい。圧倒的輝きと透明感に引き込まれる。
私はこのブルックナーは好きだ。さすがにメスト!
何よりも録音が優秀。会場の空気を実に豊かにとらえている。
メストの指揮だし、クリーブランドなので、非常にスッキリと
しかし有名な聖フローリアン修道院でその空間における残響の広がり、
これはメストの見通しのよい明瞭な解釈ゆえに実に効果的なのである。
ブルックナーの交響曲第5番は、もっと渋い音色の演奏が多くて、
このメストのは、これまで聞いてきた中でも最も明るい色合いで
でもそれがいいと思うので、こういうブルックナーもぜひ聞きたい!

DVD018

「フランツ・ウェルザー・メスト」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« カラヤンの1960年代 10 | トップページ | ホルスト・シュタイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/42477924

この記事へのトラックバック一覧です: クリーブランド管弦楽団2006/2007:

« カラヤンの1960年代 10 | トップページ | ホルスト・シュタイン »