« 管理建築士講習会 | トップページ | ホルスト・シュタイン 2 »

2008年9月18日 (木)

ルツェルン音楽祭2007

つい先日BS2で放送されたルツェルン音楽祭2007からの
クラウディオ・アバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽団のコンサート。
マーラーの交響曲第3番(2007年8月18,19日収録)。
この演奏ははじめてでなく、再放送となるのだが、
もちろん今回はデジタル放送からの録画で品質は向上!
アバドのマーラー第3番は改めていうまでもなく最高の名演だが、
1990年代後半のベルリンフィルとの録音や他の作品においても
一時期の非常に引き締まって、淡白なまでに透明で純粋な響きをさせていた
ベルリンフィルとの活動後期の演奏と比べ、早くも十年が経過しようとして、
現在のアバドは少しゆったり構え、音楽をますます豊かにのびやかに響かせ、
歌わせ方においてもさらに自由度が増しているように感じられる。
コーリャ・ブラッハーのソロが絶品で全体に究極の名人芸の集合体。
この第3番の交響曲は本当に何て素晴らしい作品なのだろう。
何度聞いても感動的だし、この美しい情景、他に代わる音楽は見つからない。
改めて1980年のウィーンフィルとの録音が聞いてみたくなった。何となく。
今度出してみよう。久しぶりに聞くと発見がありそうだ。

DVDR022

「クラウディオ・アバド」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 管理建築士講習会 | トップページ | ホルスト・シュタイン 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/42519549

この記事へのトラックバック一覧です: ルツェルン音楽祭2007:

« 管理建築士講習会 | トップページ | ホルスト・シュタイン 2 »