« WDR交響楽団 来日公演 | トップページ | 黒門亭で喬太郎・志ん橋 »

2008年10月10日 (金)

GMユーゲントオーケストラ2004

BS2で放送されたグスタフ・マーラー・ユーゲントオーケストラの演奏会。
クラウディオ・アバドの指揮によるマーラーの交響曲第9番ニ長調。
2004年4月14日 サンタ・チェチーリア音楽院大ホール(ローマ)
音があまりきれいでないのが残念だが、しかしそれにも増して
熱演の様子がストレートに伝わってきて、これは感動的である。
アバドのマーラー第9はやはり非常に流麗で、テンポも速い。
第2楽章、第3楽章とさらに加速し、同時に集中力も増して、
この緊張感の高まりはさすがである。鋭く無駄のない表現。
そしてマーラー独特の舞曲的な表現は表情豊かに。
細部まで徹底されている。オーケストラの性格上、
響きが荒削りなのは仕方ないとして、しかしこの若々しさを
アバドは見事に燃焼させて、素晴らしい名演だ。

DVDR028

「クラウディオ・アバド」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« WDR交響楽団 来日公演 | トップページ | 黒門亭で喬太郎・志ん橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/42747729

この記事へのトラックバック一覧です: GMユーゲントオーケストラ2004:

« WDR交響楽団 来日公演 | トップページ | 黒門亭で喬太郎・志ん橋 »