« 喜多八・志ん五・正朝 | トップページ | 喬太郎・歌武蔵・勢朝 »

2008年10月 3日 (金)

古今亭志ん橋 「柳田格之進」

先日BS2の落語番組で古今亭志ん五さんによる
「柳田格之進」を聞いたのだけど、人情噺で感動!
でもこの放送では40分弱で語られたか?
本当はもっとじっくりと長いはず。
志ん五さんは時間内に収める都合上
細かいところを語りつくせていないような…
話の流れの中で不自然な点もいくつか。
そこでラジオデイズで配信されている
古今亭志ん橋さんによる「柳田格之進」
(2008年3月16日 お江戸日本橋亭)
こちらは63分という充実の録音。
志ん五さんと志ん橋さんは同じ志ん朝一門で
「柳田格之進」は古今亭のお家芸だそうである。
志ん橋さんは語りつくしている。素晴らしい。
きっと元が同じだと思うので、違うところはないけれど、
隅々まで丁寧に重みのある口調で心に響いてくる。
たまにはこういう人情噺、とことん聞きたいものである。

|

« 喜多八・志ん五・正朝 | トップページ | 喬太郎・歌武蔵・勢朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/42674640

この記事へのトラックバック一覧です: 古今亭志ん橋 「柳田格之進」:

« 喜多八・志ん五・正朝 | トップページ | 喬太郎・歌武蔵・勢朝 »