« 古今亭志ん橋 「鰻の幇間」 | トップページ | 柳家喬太郎 横浜勉強会 »

2008年10月19日 (日)

古今亭志ん五 「抜け雀」

昨日の志ん橋さんと同じ落語会で収録された
ラジオデイズ配信による古今亭志ん五さん。
「風呂敷」と「抜け雀」
(2008年7月16日 お江戸日本橋亭)
志ん五さんと志ん橋さんは同じ志ん朝一門で
同門の兄弟弟子による二人会というわけである。
志ん五さんもいい。テンポは速いんだけど、
焦っている感じは全くなくって、心地よい流れ。
「風呂敷」と「抜け雀」というと
志ん生、志ん朝から受け継がれている
古今亭の本物の芸って、格調高い印象だが、
志ん五さんがじっくり聞かせてくれる。
特に「抜け雀」というと志ん生さんのイメージがあるのだけど、
志ん五さんのこの録音も素晴らしくて、これは宝物だ。

「抜け雀」の解説を聞いて知ったのだけど、
黒門亭で親しまれている落語協会2階の座敷、
そこに掛けられている「今川焼」の書だが、
ネタ元は志ん生さんの「火焔太鼓」だけど、
何と志ん五さんによる作品だということである。

|

« 古今亭志ん橋 「鰻の幇間」 | トップページ | 柳家喬太郎 横浜勉強会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/42844385

この記事へのトラックバック一覧です: 古今亭志ん五 「抜け雀」:

» 包み方や結び方を変えていろんな使い方が出来るんです [風呂敷にはビックリするような使い方があるんです!!]
風呂敷には用途により包み方や結び方を変えていろんな使い方が出来るんです。プレゼントなどはペーパーバッグや包装紙の代わりに風呂敷で包む事も出来ますし、結び方一つでそのままプレゼントしても喜ばれると思います。最近では風呂敷の色や柄は華やかな物が多く使われているのでプレゼントとしても最適だよ♪... [続きを読む]

受信: 2008年10月20日 (月) 18:25

« 古今亭志ん橋 「鰻の幇間」 | トップページ | 柳家喬太郎 横浜勉強会 »