« 喬太郎・歌武蔵・勢朝 | トップページ | 第1625回N響定期公演 »

2008年10月 5日 (日)

ラーメンズ 「TEXT」

先日BShiで放送されたラーメンズ第16回公演「TEXT」
(2007年3月17日 東京グローブ座で収録)
ラーメンズの小林賢太郎君が小学校のときの同級生で
小4、小5、小6の3年間一緒のクラスだったのだけど、
25年の付き合いで、ときどき公演を見せてもらっていて、
でもこの第16回には行ってなかったので、今回楽しんだ!
相変わらずよくできている。感動的な完成度。
言葉を巧みに操り、夢中になってしまう。
全5幕から構成されているのだけど、最後にすべてが繋がる。
いつも恐ろしい緻密さと緊張感はよく知っているのだけど、
一言も聞き逃せない、この集中力と無駄のない完璧な演出。
そして第4幕での片桐さんのはじけっぷりにも笑いまくった。

|

« 喬太郎・歌武蔵・勢朝 | トップページ | 第1625回N響定期公演 »

コメント

はじめまして。
通りすがりでたどり着きました。

僕はラーメンズが大好きでたまらないのですが、まさか、賢太郎さんと同級生だったなんてうらやましすぎます(>_<)
思わずコメント残してしまいました!

息子に賢太郎と名づけたいくらいです(笑)
何度公演を見に行こうと思ったか・・・そのたびチケットが取れずいつも泣きを見てきました(・.・;)


ことTEXTは本当に緻密で、伏線がたくさん張られ最後きれいに落とすと言う、もう感動すら覚えました。そして片桐さんの天使のような動きにもう病み付きです。

一度でいいから生でお二人の公演が見れたらななんて思ってます・・・(゜-゜)

これまでの作品もすごく好きですが、TEXTは本当にすばらしい出来ですよね!

それでは失礼いたしました。

投稿: ネコ2世 | 2008年12月13日 (土) 20:07

コメントありがとうございます。

賢太郎君は今もイラストや本の装丁、センスいいフライヤーなど
ファンのみなさんはよくご存知だと思うのですが、
小学生の頃からすごく絵がお上手で
とても子供とは思えない圧倒的な印象でした。
小学生高学年の頃、一緒にマンガ描き友達でした。

同じ年代としては、ネタ的にわかる!というところがたくさんあるのですが、
変わってないな!って感じられるとうれしくなります。
作品に対する姿勢がすごく純粋ですよね。
おっしゃる通り、笑いの先にある感動が魅力ですよね。

投稿: たけお | 2008年12月14日 (日) 11:27

お返事ありがとうございます。
一緒に漫画を!それはもう羨ましすぎますね!

ことTEXTのフライヤーは僕は今迄で一番気に入っています。賢太郎さんの書く絵は本当に愛くるしいですよね。最近は文学をモチーフにした作品が多く、文学好きの身としては非常に緻密な構成に感嘆するばかりです。

そして、一ファンとしては、そろそろ片桐さんとの名コンビがそろそろ見たいなぁという気持ちです。もしお会いする機会がございましたら、熱烈なファンがいたということをお伝えいただけましたら間接的に関わったような気持ちで、なんだかとても遠い世界の人が身近に感じて嬉しいです。そして今のスタイルを貫いてほしいと。

・・・と、賢太郎さんのことばかりで恐縮です。
実は、自分の家を自分で設計したいと言う夢がありまして、今は忙しくて手が回らないのですが、私は少し手が空いたら建築の勉強をしたいと思っています。さまざまな建築の写真がとても興味深く、「建築に関する」のカテゴリーの写真は、地方に住んでいるものとしてはあまり訪れられない東京の建築を拝見できてとても嬉しいです。たびたび訪れさていただいて、参考にさせていただこうと思います。

それでは失礼いたしました。

投稿: ネコ2世 | 2008年12月15日 (月) 03:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/42699128

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンズ 「TEXT」:

« 喬太郎・歌武蔵・勢朝 | トップページ | 第1625回N響定期公演 »