« 第1630回N響定期公演 | トップページ | ピエール・ブーレーズ »

2008年11月25日 (火)

落語につぶやき 1

実は少し前まで落語は昔の名人の録音で聞いていた。
志ん生の「火焔太鼓」、圓生の「茶の湯」、
三木助の「芝浜」、可楽の「らくだ」、金馬の「薮入り」、…
正蔵の「中村仲蔵」、正蔵といっても彦六の正蔵師匠です。
そういう中、現役の噺家でずっと好きなのが柳家喬太郎さん。
喬太郎さんが出る落語会には出かけていた。
するとそこには、いろんな魅力的な噺家さんがいる。
目の前に人がいるのだから、好みもあって、
好き嫌いはあるけれど(嫌いな落語家っていませんが)、
知れば知るほど、興味は広がり、
近頃、急速に寄席通いにはまってしまった。
落語って、純粋に噺を楽しんでいる人も多いと思うので、
噺家を聞いて喜んでいるのは違うって
いわれてしまうかもしれないけれど、
人の口から噺が語られるので
その人に興味をもってしまうことは、
私には止められない。

|

« 第1630回N響定期公演 | トップページ | ピエール・ブーレーズ »

コメント

あたしも、好き嫌いはあります。噺にも、噺家さんにも..まっそれは仕方ないことです。でも、噺は、別の噺家さんがすると新鮮に聞けて楽しめたり、噺家さんも、ちょっといやだなと思っていた人が、意外にいいなと思えてきたり..面白い物です。昔は、圓生至上主義でしたんで、志ん生のぐちゃっとしたとこが嫌いで全く聞かなかったのが、今では、圓生師と同じぐらい好きです。多分以前の私でしたら、さん弥さんなんてとても聞けなかったと思います。歳とともに心が広くなったのかな??


投稿: 広馬場 | 2008年11月25日 (火) 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43223244

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 1:

« 第1630回N響定期公演 | トップページ | ピエール・ブーレーズ »