« ルツェルン・イースター2005 | トップページ | 希望ヶ丘・大番寄席 »

2008年11月 7日 (金)

王立コンセルトヘボウ2007/2008

昨日に続いて、今日もマリス・ヤンソンス。
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の自主制作盤で
R.シュトラウスの交響詩「ドン・ファン」とアルプス交響曲。
これは最高の名演。たっぷりと極上の音楽を堪能。
あれやこれやと細かいことを考える必要もなく、
最初から最後まですべてが大好きで心地よく、
特にアルプス交響曲は何ともいえなく感動!
ヤンソンスの丁寧で精妙なアプローチと
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の豊潤な音色が
見事にひとつになって、絶妙なバランスを創り出しているのだろう。
ヤンソンスのアルプス交響曲は、ウィーン芸術週間2001のライブで
ウィーンフィルとの録音も持っているのだが、
久しぶりにそちらも聞きたくなってしまったけれど、
やはり私としては、バイエルン放送交響楽団で聞きたい!
ロイヤル・コンセルトヘボウは暖かみのある音色で
とにかく色彩豊かに濃密な音響を楽しめる。
もちろんヤンソンスの音楽はしっかり引き締まっているけれど。
バイエルン放送交響楽団だともっと均質な響きで
統制のとれている印象、音色も透明な輝きだと思うのである。
聞いてみたい!ヤンソンスのR.シュトラウスはいい。

RCO 08006

「マリス・ヤンソンス」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« ルツェルン・イースター2005 | トップページ | 希望ヶ丘・大番寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43042897

この記事へのトラックバック一覧です: 王立コンセルトヘボウ2007/2008:

» R.Strauss: Eine Alpensymphonie Op.64 Etc.@Janson... [MusicArena]
RCO Liveの秋の新譜から、Rシュトラウスのドン・ファンとアルプス交響曲のカップリング。 R.シュトラウス: ・交響詩「ドン・ファン」 Op.20 ・アルプス交響曲 Op.64 マリス・ヤンソンス(指揮) ロイヤル・コンセルトへボウ管弦楽団 http://www.hmv.co.jp/product/detail/2770693 この著名な曲目は、ヤンソンスRCOでは初録音ということらしいが、ちょっと意外だ。もうとっくにリリースされていたものと思ったが。そう言... [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 10:17

« ルツェルン・イースター2005 | トップページ | 希望ヶ丘・大番寄席 »