« 横浜の風景から 17 | トップページ | 黒門亭で小満ん・馬桜 »

2008年11月29日 (土)

落語につぶやき 3

くだらない話。ものすごくくだらないのですが…
かなり昔、十代目金原亭馬生さんを聞きはじめて、
十代目は志ん生さんのご長男で、すごくいいなあ~って、
そんなことを感じていたのですが、ある日たまたま
「金原」という表札の家の前を通って、
そうしたら頭に浮かんだのが、この家「キンゲンテイ」!
普通どう考えても常識的に、住んでいる人は「カネハラ」さん。
この頃から落語頭脳に切り換わりはじめたのか?

最近、週に一度か二度、現場(工事中の住宅)に行くときに
環状2号線という道を通っていくのだが、
東戸塚を過ぎて、上永谷の手前に「柳橋」という交差点があって、
その標識を見るたびに私の中では「リュウキョウ」!
誰がどう考えても「ヤナギバシ」です。

そして今日、「柳橋」さんという家を見つけた。
その表札を見て、「リュウキョウ」と私はつぶやく。

|

« 横浜の風景から 17 | トップページ | 黒門亭で小満ん・馬桜 »

コメント

「金原」というのは、大昔日本テレビに「キンバラ」というアナウンサーがいました。

大分重症ですね(笑)

投稿: 広馬場 | 2008年11月30日 (日) 06:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43266423

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 3:

« 横浜の風景から 17 | トップページ | 黒門亭で小満ん・馬桜 »