« 菊之丞・正朝・さん喬 | トップページ | ザルツブルク音楽祭2006 »

2008年11月19日 (水)

白酒・雲助・さん喬

録りためていた落語をDVDに保存。
TBS「落語研究会」で放送された三席。

桃月庵白酒:徳ちゃん
五街道雲助:汲みたて
柳家さん喬:鰍沢


男たちが女に苦労する三席を集めてみたのだけど、
白酒さんの「徳ちゃん」なんてかわいいもので
雲助師匠の「汲みたて」では稽古屋の師匠登場でちょっと艶っぽくなり、
そしてさん喬師匠の「鰍沢」だと、それはそれは恐ろしい内容である。
「鰍沢」は本当にすごい噺でさん喬師匠の迫真の一席にこれまた感動だ。
絵画的な噺ではあるけれど、まるで映画を見ているような。
「長短」や「真田小僧」のさん喬師匠とは違って、
一切の笑いは抜きのひたすら真剣に聞かせていただく一席である。
さん喬師匠の静かだけど、あまりにも迫力のある語りに
正直ちょっと恐ろしく、まさに凍り付くような展開で
「真田小僧」の軽快な笑いに逃げ出したくなってしまう。
この「鰍沢」は宝物だ。これから大切にしていこう。

|

« 菊之丞・正朝・さん喬 | トップページ | ザルツブルク音楽祭2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43158472

この記事へのトラックバック一覧です: 白酒・雲助・さん喬:

« 菊之丞・正朝・さん喬 | トップページ | ザルツブルク音楽祭2006 »