« 第1629回N響定期公演 | トップページ | 菊之丞・正朝・さん喬 »

2008年11月17日 (月)

春風亭正朝・柳家さん喬

20081117

DeAGOSTINIの「落語百選」第3号!
先日第2号を絶賛したけれど、この第3号も絶品でした。
正朝さんの「代り目」とさん喬師匠の「長短」。
「代り目」はいい噺。正朝さんの酔っ払い描写も最高で
よく多いのは、おかみさんを褒めて、
実はまだ出掛けていなかったおかみさんに気付いて、
途中で盛り上がったところで終わっちゃうんだけど、
ここでは後半のうどん屋さんが登場してくるところも
最後のオチまで全部聞かせてくれて、すごく貴重。
噺をきちんと聞かせるという、それがここでの趣旨なんだろうけど
改めてやっぱりいい企画だなとありがたいです。
そして後半のさん喬師匠に感動!
「長短」は知っています。今さら「長短」なんて~
そんなことを少しでも思っていたのだから、反省だ!
さん喬師匠の芸の素晴らしさに圧倒されてしまい、
長さんのゆっくり饅頭を食べるシーン、煙草に火を付けるシーン、
夢中になってしまって、噺の中に引き込まれた。
引きずり込まれて、やはりさん喬師匠は尊敬ですね。
「落語百選」今後も期待しています。

|

« 第1629回N響定期公演 | トップページ | 菊之丞・正朝・さん喬 »

コメント

『長短』は、

http://www.poplarbeech.com/rakugo/002010.html

参考までに↓

http://www.poplarbeech.com/rakugo/001945.html

※mixiの外部リンクでも、日記の書き込みができるようになると楽なのですが..

投稿: 広馬場 | 2008年11月18日 (火) 06:09

こてんパンで喬太郎さんも指摘の
(当時聞いていないとのことでしたが…)
三代目三木助さん録音で私は「長短」を聞きはじめました。
ラジオ深夜便で録音して、持っているのはNHKの音源です。
父は十代目桂文治さんの録音を持っているような気がします。
でもどちらにしても録音で聞いていることが多くて、
「長短」は本物(会場)は見たことがなく、
それで今回、さん喬師匠の饅頭をくっちゃくっちゃベロベロ食べているので
「長短」は録音ではその面白さが伝わらないですね。
喬太郎さんにもぜひ演じてほしいですが、
でもこれこそさん弥さんの超怪しい長さんを見てみたい気がします。
ゆっくり演じて、それが面白くじわじわ笑っていられる噺家さんに比べると
ハキハキとトントンと演じていく方では、
何か長さんのスローペースがお互いに辛くなってくるような気がして。
志ん五師匠の与太郎風長さんもよさそうだな~

投稿: たけお | 2008年11月25日 (火) 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43147768

この記事へのトラックバック一覧です: 春風亭正朝・柳家さん喬:

« 第1629回N響定期公演 | トップページ | 菊之丞・正朝・さん喬 »