« ザルツブルク音楽祭2006 | トップページ | 柳家喬太郎 横浜勉強会 »

2008年11月22日 (土)

ピエール・ブーレーズ

ピエール・ブーレーズの指揮によるバルトーク。
2台のピアノと打楽器のための協奏曲
エマールが参加していて、こちらの演奏はロンドン交響楽団。
ヴァイオリン協奏曲第1番(ギドン・クレーメル)
ヴィオラ協奏曲(ユーリ・バシュメット)
ヴァイオリン協奏曲とヴィオラ協奏曲はベルリンフィル。
このディスクは素晴らしい!最高だ。
特にヴァイオリン協奏曲のクレーメルには驚嘆した。
こんなに楽しい演奏を聞くのははじめて。
もちろんクレーメルの響きはこの上なく美しく、鮮やかに。
ヴィオラ協奏曲もそうだけど、ベルリンフィルがいきいきと奏でている。
やはりブーレーズの指揮だと音楽が入ってくる。なぜだろう?
いままで聞こえなかった音楽が、しっかり、はっきりと見えてきて、
そして心に届いてくる。本当に楽しいバルトークの音楽。
今まで何を聞いていたのだろう…ブーレーズだからこそ、
作曲者の意図を確実に表現できているということ?
そういうわけではなく、ブーレーズだけでもないのだろうけれど、
しかしそれにしてもブーレーズのバルトークは特別である。

DG 00289 477 7440

「ピエール・ブーレーズ」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« ザルツブルク音楽祭2006 | トップページ | 柳家喬太郎 横浜勉強会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43193458

この記事へのトラックバック一覧です: ピエール・ブーレーズ:

« ザルツブルク音楽祭2006 | トップページ | 柳家喬太郎 横浜勉強会 »