« 鈴本早朝寄席 | トップページ | ベルリンフィル2007/2008 »

2008年11月 9日 (日)

午後は黒門亭に

鈴本を後にして、午後は黒門亭に行ってきた。
第2部に圓太郎さんが出演なので今日も通し券を購入。

第1部
林家まめ平:味噌豆
三遊亭窓輝:釜泥
橘家蔵之助:反対俥
柳家さん吉:十徳~町内の若い衆
金原亭世之介:堪忍袋


今日は客の入りは今ひとつで
でもちょうどいい会場にほどよい混み具合ということで
みんなすごくよかったのだ。
蔵之助さんが「練習します」って、「反対俥」
面白かったし、スピード感、切れのよい動きに夢中になってしまった。
そして仲入り後のさん吉さんの味わい深い一席。
いえ!続けて二つもお噺を聞かせて下さった。
そして世之介さんの「堪忍袋」。これがまた素晴らしい!
「堪忍袋」は知っていますけど、きちんと聞くとこんなに長い噺なんだ。
ホントに「堪忍袋」でここまで感動するなんて!
堪忍袋に悪口を叫ぶところで「泰葉」ネタが出てました。

第2部
林家まめ平:子ほめ
柳亭こみち:壺算
橘家圓太郎:化け物使い
柳家禽太夫:蒟蒻問答

第2部もよかったです。
こみちさんと窓輝さんが入れ替わりで
第2部にこみちさん登場!
昨日のぽっぽちゃんから朝のぼたんさん、
そしてこみちさんで今回は女性噺家を続けて聞いたんだけど、
今日のこみちさんはすごくよかったです。「壺算」だった。
何と二日連続で「壺算」聞いちゃった。
噺家の金銭感覚や生活費の枕を聞いて、
「とめさん!」と来たから、まさかとは思ったのだけど、
やっぱり「壺算」だった。でもお金のやり取りや
何でか?納得いかない店主の描写、テンポ感もいいのだけど、
こみちさんの「壺算」はよかったです。
太鼓叩いたり、裏方も大忙しで、お疲れ様でした。
そして圓太郎さんが熱かった!いいです!
実は端っこでお疲れのお客さんがひとりいて、
グーグー、イビキかいて寝てた人がいて、
負けずに120%全開の「化け物使い」を聞かせていただきました。
その寝ている人に向かって話してましたね。
正直、小さな会場なのでイビキは邪魔だった。
なかったら、絶対もっと感動も120%だったはず。
しかし迫力の圓太郎さんを聞けて、それは今日の収穫。
そしてトリは禽太夫さんの「蒟蒻問答」。
圓太郎さんと禽太夫さん、体育会系つながりだったのかな?
パワフルな「蒟蒻問答」でこれもよかった!
今日の黒門亭は熱かったです!
外は寒かったみたいですね。
黒門亭は暖房がきいていたというのではない!
噺が熱くて、絶好調で充実だったな~

|

« 鈴本早朝寄席 | トップページ | ベルリンフィル2007/2008 »

コメント

お疲れ様でした。私は、その後の小ゑん-喜多八の試作品を聞きに、落語協会に戻りました。このお二人で木戸銭1,500円、しかも座席にも余裕が..ただ、この二人の熱烈なファンが多く、ちょっと居づらい雰囲気も感じます。まぁ、そんなことを気にしてちゃ務まりませんが..

投稿: 広馬場 | 2008年11月10日 (月) 06:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43066060

この記事へのトラックバック一覧です: 午後は黒門亭に:

« 鈴本早朝寄席 | トップページ | ベルリンフィル2007/2008 »