« ピエール・ブーレーズ | トップページ | 第1630回N響定期公演 »

2008年11月23日 (日)

柳家喬太郎 横浜勉強会

今日は「第三回 柳家喬太郎 横浜勉強会」を聞きに
横浜にぎわい座にある「のげシャーレ」に行ってきた。
チケットはあるけれど、自由席ということで
喬太郎さんのときは早く行かなければならない
という習慣ができていて、今日も12時10分に到着。
開場を早めてくれて13時15分。開演は14時。
結果的にそんなに早く行く必要もなかったようで、
しかし着くとすでに客の列ができていた。

柳家さん弥:道具屋
柳家喬太郎:花筏
柳家喬太郎:文七元結

驚いた。さん弥さんが来ていた!
さん喬一門から若手を連れてきてくれるということは知っていたけれど、
本当に私の行く先、さん弥さんが現れるのである。
今回は全くの偶然なので、真剣にビックリした。
さん弥さんを応援する追っかけ隊のみなさんと
来月は黒門亭や番外地にさん弥さん目当てで行くので
楽しみにしていたのだけど、まさか今日も会えるなんて!

ということでさん弥さんの演目は「道具屋」
「何か抜けるものはないのか?」「お雛様の首が抜けます」
という「道具屋」のオチに対して、喬太郎さんが出てきたら
「お前が抜けてるんだよ~」って、すぐにネタにされ、爆笑。
枕が面白い!それはいつもながら。そして「花筏」へ。
今日は大相撲の千秋楽だから、鋭いネタ選びだ!
仲入り後に少し枕で告知をした後、「おい!さん弥~」って呼び出して、
「着替えしてんのか~いいよ~」って、着替えの途中のさん弥さんが
舞台に飛び込んできて、面白いの何のって!会場爆笑。
でも少しでもお客さんに覚えて帰ってもらおうって
喬太郎さんの弟想いの優しさにふれて、こういうのっていいですよね~
それからさん弥さんの奥さんと9ヶ月になるお子さんの話題にふれて
親子の絆に関する枕から「今帰ったよ~、何だ、いねえのか?」
暗いのに灯もついていなくて…え!まさか「文七元結…」呟いてしまった。
冬らしくなってきたし、もうすぐ12月だし、年末もそろそろ見えてきて…
この季節、冬のネタが来るのはわかっていたけれど
その噺の主が壁を塗る(左官屋さん)。
なら「文七元結」しかないでしょう…大ネタだ。
それからの50分ぐらいでしょうか。感動。涙なくしては聞けない。
素晴らしい。喬太郎さんの人情噺ははじめて聞いたのだけど、
やっぱり独特の語り口、情景描写、心にしみる…
「文七元結」は本当にいい噺。よく知っているのだけど、
喬太郎さんの実演で「文七元結」が聞けるなんて、感謝。
今日は勉強会ということで喬太郎バージョン。
50両を借りてきて、正月早々借金を返し、
1年間、長兵衛さんは一心不乱に働く。
それでやっと出来た50両を持って、大晦日、お久を迎えに行くのである。
そこで文七の身投げに遭遇するという展開。
つまり50両を文七に与えてしまったら、
翌日からお久は店に出て、女郎に身を落とすという…
考えてみれば、この方がずっと劇的で追い詰められる真剣さが全く違い、
ちょっとビックリしたんだけど、説得力ある!さすが喬太郎師匠。
もちろんなくなった50両は見つかっているので
12月31日のギリギリにお久は身受けをされて、
翌日には無事に帰ってくるというハッピーエンドなのだが、
これで心から「あけましておめでとうございます」という
本当に素晴らしい「文七元結」だった。
喬太郎師匠、ありがとうございました。

20081123

終わった後、さん弥さんにちょっとだけご挨拶に行って、
喬太郎さんの着物脱ぐ手伝いをして、急いできてくれたのだけど、
「いい噺を聞かせていただいて、喬太郎師匠によろしくお伝えくださいね」って
心からお願いした。すごく充実した気持ちで帰宅。

|

« ピエール・ブーレーズ | トップページ | 第1630回N響定期公演 »

コメント

ただただ羨ましいの一言。この会のチケットが取れていれば、私の運命は変わっていたかも..そんな大袈裟でもないか

『文七~』は、いろんな方がやってますが、私は志ん生が一番と思っています、いまのところ..。本人が道楽の限り、貧乏の限りを尽くしてますから、長兵衛がぴったんこはまっちゃっている..実体験のようです。これは、今の噺家さんにはだせない性ですね。

投稿: 広馬場 | 2008年11月24日 (月) 05:29

素晴らしい時間をお過ごしになられたようですね。
うらやましいです。

歌舞伎の「文七元結」、、未だ観た事ないのです。
いつか、そう、、出来れば勘三郎丈主演で観たいと思います。

落語と歌舞伎って密接な繋がりがあるみたいですね。
一昨年だか、玉三郎&仁左衛門コンビで「怪談牡丹灯籠」を
観たのですが、あれも確か落語から来ているとか。。

いつか比べて観るのも面白いかもしれませんね。

投稿: ネル | 2008年11月24日 (月) 17:34

いろいろと後から思い出されるのですが、
文七に与えた50両が小判ではなく、細かいのです。
一分金、二分金、…、財布が重そうという描写でした。
べっ甲問屋の旦那さんもそういう細かいお金から商売をはじめたって、
細かいお金がたくさん入っている財布だからこそ重みがあると
文七や番頭さんに説教していました。

あと50両を長兵衛さんに返すのですが、
受け取った長兵衛さんは、もう手遅れということがあるので
全く喜びはなしという流れです。
土産のお酒もまた仕方なく受け取り、
これから吉原に行かなくてはいけないからと
今日はこれで引き取っていただけませんかときっぱりいいます。
その辺にすごく深刻さというか、真剣さというか、
喬太郎さんが恐ろしくまじめな形相でとんでもない迫力に感じられました。

喬太郎さんがよく現代とリンクさせる笑いのシーンを入れますが、
今回はそういうちゃかしみたいなのは、極力避けているようでした。
本当にし~んとして、静寂の中でみんな聞きいっていました。
もちろんところどころ笑わせるところもありましたが、
「文七元結」の噺を知っているとそういう笑いも
なんというか、すごく涙を誘われちゃうというか、
共感を引き出す演出のように思えて。
笑った後にグッとくるような、まさに喜怒哀楽を自由自在に操っておられました。

投稿: たけお | 2008年11月24日 (月) 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43205061

この記事へのトラックバック一覧です: 柳家喬太郎 横浜勉強会:

« ピエール・ブーレーズ | トップページ | 第1630回N響定期公演 »