« 横浜の風景から 19 | トップページ | 落語につぶやき 5 »

2008年12月10日 (水)

横浜の風景から 20

20081210b

横浜市泉区新橋町にある「行き止まり」。
ここは私がまだ小学生でおそらく10歳とか
子供の頃に友達と自転車で行ける最も遠いところで
何でわざわざここに行ったかというと
正面が山になっていて、その下に湧水が出て、
沼地のように、そこから小川が流れていて、
ザリガニ捕りに行ったのだ。ザリガニといっても
ねずみ色をした日本ザリガニである。
あと大きなオタマジャクシが泳いでいた。
ウシガエルのオタマジャクシで巨大!

それから15年ぐらいが過ぎて
久しぶりに行ってみたのだが

水も流れていないと腐るのだけど
「行き止まり」というのは人も物も流れがないので
とんでもない状況になっていた。
不法投棄のゴミの山。荒れ放題で湧水も油が浮いて。
おそらく山の上で何か変なものを流しているのかと…
小川はふたをしてしまって、アスファルトの舗装。
もちろんそんな汚い場所に生き物などいるはずもなく。

それからさらに10年がたち、現在の写真がこれである。
ゴミは撤去されて、不法投棄には厳しくなっているので
現在は比較的きれいな状況に。
でも残念ながらザリガニやオタマジャクシはもう帰ってこない。
子供の頃の記憶、風景はまだはっきりと覚えているのだけど…

ここへの行き方はこちらにお問い合わせください
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 横浜の風景から 19 | トップページ | 落語につぶやき 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43381793

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 20:

« 横浜の風景から 19 | トップページ | 落語につぶやき 5 »