« 黒門亭 お富与三郎 | トップページ | 鈴々舎馬るこ ごっつぁん亭 »

2008年12月22日 (月)

NHK音楽祭2008

NHK音楽祭2008もこれで最後のコンサート。
ウラディーミル・アシュケナージ指揮
フィルハーモニア管弦楽団による演奏会。
2008年12月8日 NHKホールでの演奏を
BS2で放送された映像付きで聞いている。
オール・シベリウスのプログラムである。
今年のテーマであるヴァイオリン協奏曲についても
諏訪内晶子が出演して、シベリウスの協奏曲を演奏。
アシュケナージのシベリウスの特長なのか
フィルハーモニア管弦楽団の音なのか、
私にはちょっと明るくて色が強いなという印象。
歌うシベリウスで、もっとさっぱりした感じがいいか。
やはり冷たい響き、北欧の自然の厳しさ、
そうした面が強く伝わってくる演奏もあるので
それらに比べるとアシュケナージは穏健派というか。
広く受け入れられるタイプの柔軟性も存在するのだけど。
そうした方向性にあわせ、諏訪内晶子の音色もちょっと色彩的。
もっとドライにクールに、鋭く切り込んできてくれても
こちらはうれしいのだが。しかし終楽章はさすがに圧倒的!
最初に交響詩「フィンランディア」、ヴァイオリン協奏曲、
そして後半は交響曲第2番でアンコールは「悲しいワルツ」。

DVDR054

|

« 黒門亭 お富与三郎 | トップページ | 鈴々舎馬るこ ごっつぁん亭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43499777

この記事へのトラックバック一覧です: NHK音楽祭2008:

« 黒門亭 お富与三郎 | トップページ | 鈴々舎馬るこ ごっつぁん亭 »