« 落語につぶやき 4 | トップページ | 横浜の風景から 18 »

2008年12月 2日 (火)

マレイ・ペライア

ペライアの新譜を聞くのはかなり久しぶりのような。
ベートーヴェンのピアノソナタ集ということでうれしい!
第12番 作品26、第9番と第10番の作品14の2曲、
そして第15番 作品28「田園」(2008年6年16-18日の録音)。
音楽の構造や全体の流れを非常に丁寧に表現して、
すごくいいなあ…という、最初から最後まで実に魅力的な演奏だ。
そして今日のペライアのしっかりと音を響かせ、
深みのある奥行きの感じられるベートーヴェンに感動!
昔のペライアのイメージって、繊細で美しい音色が印象的だった。
いま聞きなおすと結構違った思いがあるかもしれないけれど。
現在の演奏は力強さや内に秘めている情熱、より大胆である。
やはりペライアは私の大好きなピアニストだ。

SONY 88697 32646 2

「マレイ・ペライア」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 落語につぶやき 4 | トップページ | 横浜の風景から 18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43303613

この記事へのトラックバック一覧です: マレイ・ペライア:

« 落語につぶやき 4 | トップページ | 横浜の風景から 18 »