« ルツェルン・イースター2008 | トップページ | 柳家喬太郎 「うどんや」 »

2008年12月13日 (土)

隅田川馬石 「夢金」

今日はラジオデイズからダウンロード。
隅田川馬石さんの「夢金」と「元犬」
(2007年12月14日 コア石響で収録)
馬石さんは本当にいいです!
何というか、この空気にうっとり。
ネット配信されている動画なども見たことあるのだが、
実際にはまだ聞いたことないので、一度聞いてみたい!
「夢金」は今回はじめて聞いてみた。いい噺だ。
侍登場で雪景色や舟の描写が絵になる。寒い。
でもこういう噺は大好き。船頭の熊さんが粋。
そして最後の落ち方がまた何とも楽しい展開で。
「元犬」も軽やかで気持ちいい~

|

« ルツェルン・イースター2008 | トップページ | 柳家喬太郎 「うどんや」 »

コメント

五街道一門は手堅いですからね 総領はちょっと飛びかかってますけど 『夢金』も本来のサゲが下品ということで「もらった大金を手にして『百両〜』と叫んで、目が覚めるといったサゲ」などが一般的になっていますね..でもそれじゃあ『ゆめのかね』になっちゃいますよね(笑)

投稿: 広馬場 | 2008年12月14日 (日) 06:55

ラジオデイズの録音には後ろに
山本進さんと本田久作さんによる落語随談がついていまして、
そこでも本来のサゲを解説してくれています。
目覚めると自分の急所をグッとつかんでいた…
お座敷などでやるには下品ということで
三代目金馬さんが変えたとか、その頃から変わったということだそうですね。

そうですね。おっしゃる通り、
今の流れだと「夢の金」ですね。
「夢の酒」に似ている…そうだ!

投稿: たけお | 2008年12月14日 (日) 10:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43410671

この記事へのトラックバック一覧です: 隅田川馬石 「夢金」:

« ルツェルン・イースター2008 | トップページ | 柳家喬太郎 「うどんや」 »