« 新築住宅の見学会 | トップページ | NHK音楽祭2008 »

2008年12月21日 (日)

黒門亭 お富与三郎

川越から急ぎ再び御徒町へ。今度は黒門亭第2部。
「お富与三郎」特集なので、聞きたかった!
でも正雀師匠と馬生師匠が出演ということで、
席があるのか?という不安…
予定の時間に戻って来られたのだが、
何とかチケットをゲット!
でもやはり少しでも遅れていたら、危なかった。
両師匠の根強い人気で「満員御礼」。
開演15分前には札止めに。よかった。

第2部
お富与三郎 その壱
春風亭正太郎:道具屋
台所鬼〆:家見舞い
林家正雀:木更津
金原亭馬生:稲荷堀

正太郎さんの「道具屋」が面白くって、はまってしまったが、
続いて登場の鬼〆さんがよかった!
個性的でなかなか刺激のある印象ながら
噺の方はきっちり本格的な感じだし、すごく魅力的です。
12月23日にも聞ける予定で期待!
そしていよいよ「お富与三郎」。待ってました!
正雀師匠の「木更津」と馬生師匠の「稲荷堀(とうかんぼり)」
両師匠の格調高い語りにただただ感動するばかりで
今日は「お富与三郎」の前半部分だが、真剣に聞かせていただきました。
ちなみに芝居が有名ですが、こちらも落語の方が先だそうです。
最初は戯曲で初代古今亭志ん生が落語にまとめ、評判になったとか。
そうした知識や馬生師匠は芝居だとどう演じるかという比較なども
素晴らしいという言葉に尽きて、勉強させてもらいました。
できたら、来週の「お富与三郎 その弐」も行きたいと思っていて、
何とか都合がつくようにがんばります!

|

« 新築住宅の見学会 | トップページ | NHK音楽祭2008 »

コメント

お富与三郎は、通して聞いたことがないので、新鮮ですね。正に、勉強させて頂きました。その弐は、師走落語会がありますんで、お休みです。

投稿: 広馬場 | 2008年12月22日 (月) 18:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43490727

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭 お富与三郎:

« 新築住宅の見学会 | トップページ | NHK音楽祭2008 »