« シュターツカペレ・ドレスデン | トップページ | ギル・シャハム・江口玲 »

2009年1月23日 (金)

ドイツ・カンマーフィル来日 2006

BShiで放送されたドイツ・カンマーフィルハーモニーの来日公演。
パーヴォ・ヤルヴィの指揮でベートーヴェンの交響曲全曲演奏から
第1番、第2番、第3番「英雄」が演奏された初日のコンサート。
(2006年5月26日 横浜みなとみらいホールで収録)
パーヴォ・ヤルヴィは大好きである。圧倒的に素晴らしい。
どこまでもエネルギッシュに活気あふれる音楽であり、
隅々にまで表現意欲が行き渡って、緻密にして
夢中になれるベートーヴェン演奏である。
刺激的な瞬間の連続であり、聴衆をワクワクさせながらも
全体の仕上がりは決して壊さないバランス感覚を心得ている。
天才的な可能性に満たされていてもそれを今ここに
しっかりと完成させて披露する実力を備えた指揮者である。
3曲の交響曲とも優劣つけがたい感動に満ちた演奏であり、
そしてアンコールにシベリウスの「悲しいワルツ」が演奏された。

DVDR074

|

« シュターツカペレ・ドレスデン | トップページ | ギル・シャハム・江口玲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43832021

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・カンマーフィル来日 2006:

« シュターツカペレ・ドレスデン | トップページ | ギル・シャハム・江口玲 »