« さん喬・扇遊・権太楼 | トップページ | 横浜の風景から 25 »

2009年1月 4日 (日)

ヴェルビエ音楽祭2007

ヴェルビエ音楽祭2007からのコンサートをBShiで録画。
最初にエレーヌ・グリモーを中心とする室内楽演奏会。
シューマンのピアノ五重奏曲ではルノー・カプソン、
庄司紗矢香、ヴィオラのラーシュ・アンダーシュ・トムテル、
そしてミーシャ・マイスキーが参加している。
続いてルノー・カプソンとエレーヌ・グリモーのデュオで
ラヴェルのヴァイオリン・ソナタとアンコールのシューマン。
名手が集まっているけれど、それにしても感動的なライブ。
エレーヌ・グリモーのラヴェルは絶品だ。ルノー・カプソンもさすが!

そして後半はマルタ・アルゲリッチを中心とする室内楽演奏会。
バルトークの2台のピアノと打楽器のためのソナタ
アルゲリッチとネルソン・フレイレといういつもながらのデュオ。
同じくバルトークのヴァイオリン・ソナタ第1番。
ヴァイオリンはルノー・カプソンで大熱演!
アルゲリッチって、本来は私の好みの演奏家ではないのだが、
今回もすっかり夢中になって聞かされてしまって、
唖然というか、何にも言えなくなってしまって、
その辺がやっぱり凄いというか、これぞアルゲリッチである!
カプソンとのヴァイオリン・ソナタはひたすら感動した。

DVDR058

|

« さん喬・扇遊・権太楼 | トップページ | 横浜の風景から 25 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43640967

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェルビエ音楽祭2007:

« さん喬・扇遊・権太楼 | トップページ | 横浜の風景から 25 »