« 第1636回N響定期公演 | トップページ | 柳家三三 独演会 »

2009年1月27日 (火)

ニューイヤーコンサート2009

今年の最初に買ったCDはやはりこれである!
ウィーンフィルのニューイヤーコンサート。
ダニエル・バレンボイムが初登場。
元日にテレビで見ていたときの印象では
バレンボイムは楽しみながらもやはり音楽に真剣な人で
ワルツやポルカを指揮していてもその誠実な姿勢は
ベートーヴェンやブルックナーを指揮しているときと変わらずに
指揮姿も非常にシンフォニックで、魅せられたものだ。
テレビだとあまり音の状態はよくないのだけれど
映像として楽しんでいたので、ちょっと堅いのかな?
という感想ももっていたのだが、こうしてCDで、
純粋に音で鑑賞してみるとこれが何とも素晴らしい。
CDの仕上がりもいいのだと思う。
もちろんウィーンフィルの響きなのだけど
バレンボイムのじっくり歌わせて、ときに力強く勢いをみせる
これらが見事に一致点を見出して、楽しくってうれしくって。
本当に素晴らしいニューイヤーコンサートであった。
メモリアル・イヤーのハイドンによる「告別」は、
やっぱり映像が欲しいところだけど
絵はしっかり脳裏に焼き付いているので
会場の笑い声だけでも面白すぎる!

DECCA 478 1133

「ダニエル・バレンボイム」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 第1636回N響定期公演 | トップページ | 柳家三三 独演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43871919

この記事へのトラックバック一覧です: ニューイヤーコンサート2009:

« 第1636回N響定期公演 | トップページ | 柳家三三 独演会 »