« 柳家三三 独演会 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 6 »

2009年1月28日 (水)

アルフレッド・ブレンデル 5

年末にBS2で放送されたブレンデルのシューベルト。
最後の3つのピアノ・ソナタD.958-960である。
映像を見るとブレンデルが若い!って思ってしまうのだが、
D.958が1976年、D.959とD.960が1977年に収録されている。
会場はラジオ・ブレーメン・スタジオという場所で
テレビ放送用か何かの映像だろうか?
ブレンデル自身が作品の解説も行っている。
PHILIPSからのレコードは1970年代前半の録音と
後の再録音は1980年代後半なので
それらのちょうど中間の収録ということになる。
この映像の存在は知らなかったので、非常に興味深い。
残念ながら音はよくないので、ブレンデルの映像は魅力的でも
印象は今ひとつなのだが、演奏はさすがに素晴らしい。
1970年代のブレンデルは非常に引き締まった音楽作りで
D.958での緊張感は圧倒的。それがD.959やD.960に向かうと
しだいに歌心にあふれ、シューベルトの美しさが際立ってくる。
1980年代の演奏やさらに1990年代後半のライブ録音もあるが、
そちらではより柔らかさが加わり、冴えわたる弱音によって、
緊張からの解放による安らぎが生まれていることに気付く。

DVD078/079

「アルフレッド・ブレンデル」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 柳家三三 独演会 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43887085

この記事へのトラックバック一覧です: アルフレッド・ブレンデル 5:

« 柳家三三 独演会 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 6 »