« ウィーン国立歌劇場1993/1994 | トップページ | メトロポリタン歌劇場2007/2008 »

2009年1月 8日 (木)

古今亭志ん朝 「夢金」

今晩から明日にかけて雪になるという予報も出ているが、
こんな寒い晩には「夢金」を志ん朝さんの録音で。
小学館から発売された「落語 昭和の名人」シリーズの
創刊号は古今亭志ん朝さんの「夢金」「品川心中」の二席。
隅田川馬石さんの「夢金」の録音を聞いて以来、
この噺が大好きになってしまった。
雪の中の冷たい空気がこちらにまで伝わってくるようで
そこに描かれる情景が何とも粋なのだが、
しかし終わってみると楽しくって、暖かい。
聞いているこちらも一緒に夢から覚めるような感覚。
情景描写の見事さは志ん朝さんの名人芸!
そして「品川心中」。最高だ!聞いてて幸せ~

|

« ウィーン国立歌劇場1993/1994 | トップページ | メトロポリタン歌劇場2007/2008 »

コメント

安いから私も買おうかと思ったのですが、どうやら、ソニーから前に出ていて、レンタルショップにもあるのと同じ録音みたいですね。
志ん朝さんは好きだから、別の録音ならわたしも「買い」なんですがねえ。

次の志ん生の火焔太鼓もいいですよ。でも、ネットにもあるしなあ。

投稿: tomochan2002 | 2009年1月21日 (水) 17:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43682467

この記事へのトラックバック一覧です: 古今亭志ん朝 「夢金」:

« ウィーン国立歌劇場1993/1994 | トップページ | メトロポリタン歌劇場2007/2008 »