« 第1634回N響定期公演 | トップページ | 鳥越落語会で喜多八・志ん橋 »

2009年1月31日 (土)

黒門亭で小里ん・小ゑん

今日は朝から雨と強い風で
午前中は現場打合せがあったので
早くから出かけたのだが、一日電車で移動の予定で
しかし工務店の社長が迎えに来てくれて、
車で行けたので、今日ばかりはすごく助かった。
無事に仕事を済ませて、そのまま地下鉄で戸塚に出て
東海道線に乗って東京へ!山手線で御徒町。
今週の黒門亭は第2部のみ。お目当ては小里ん師匠。

第2部
林家たい木:初天神
柳家禽太夫:くしゃみ講釈
柳家小里ん:五人廻し
柳家小ゑん:アキバぞめき

禽太夫さんは今回が2回目で
前回は「蒟蒻問答」を聞いたのだが、
今日の「くしゃみ講釈」もパワフル!
私は禽太夫さんの芸風は大好きで
面白くって笑いっぱなしだったし、
その勢いにもっていかれてしまう。
続いて小里ん師匠。何と「五人廻し」!
ラジオデイズに師匠の「五人廻し」の録音があって、
私は聞きまくっているのだが、生で聞けた!
めちゃくちゃカッコよかった!しびれた。
小里ん師匠の声が私にはすごく心地よくって、
「五人廻し」は登場人物も多いので、堪能!
そしてトリは小ゑん師匠。すごい人気!
今日はほぼ満員で、はじまってわかったのだが、
どうも小ゑんマニアが多かったみたい。
「アキバぞめき」である。これが大爆笑!
笑いまくって笑いまくって…、傑作である。
いうまでもなく「二階ぞめき」のスタイルで
かつて電気少年だった電機会社の会長のために
今は失われた懐かしい秋葉原電気街を
倉庫の二階に再現するという展開で
これ以上はネタがばれるのでここまで。
もちろん現在の秋葉原の変貌ぶりの描写もあり。
面白くって面白くって…熱い一席だった!
「アキバぞめき」の録音が欲しい。繰り返し聞きたい!
って思うのだが、また聞きに行きます。
最初からいい顔ぶれだなって思っていたのだけど
やはり期待通りの充実感で幸せな気持ち。

|

« 第1634回N響定期公演 | トップページ | 鳥越落語会で喜多八・志ん橋 »

コメント

パソコン開いたので、コメントさせていただきます~(^^)
落語の話題は、元気が出ます!!ありがとうございます!
『アキバぞめき』を聴いてみたくなりました~

投稿: うみ太郎 | 2009年2月 4日 (水) 15:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43922072

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で小里ん・小ゑん:

« 第1634回N響定期公演 | トップページ | 鳥越落語会で喜多八・志ん橋 »