« ニューイヤーコンサート2009 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 5 »

2009年1月27日 (火)

柳家三三 独演会

友人が行くはずだった三三さんの独演会だが、
行けなくなってしまい、私が代わりに気合いを入れて行ってきた!
三三さんの会という、たいへん貴重な機会をありがとうございます。
「なかのZERO」という会場は今回がはじめてで、
というより中野の駅を出たのも今日がはじめてだと思う。
駅から徒歩7分の道のりだが、それだけでも新鮮な気持ち。

柳家ろべえ:たけのこ
柳家三三:味噌蔵
柳家三三:藪入り


幕が上がり、開口一番はろべえさんだった。
うれしい!今日はついてるねえ!って。
師匠に通ずる虚弱体質マクラをちょっとだけ披露。
そこから「可内(べくない)!」って侍登場で一気に元気に。
ろべえさん、いいなあ~。すっかりはまっています。
そして三三さん登場。やっぱり上手い!
マクラも楽しいけど、噺に入って、私は一気に深く引き込まれる。
本当に素晴らしい芸である。きっちり演じきってくれるところが好き。
「味噌蔵」ももちろんだが、「藪入り」は特によかった。
聞かせどころが多かった。亀ちゃんが帰ってくる場面など最高!
言葉の向こう側に見えてくる微妙な心理が感動的に演じられていた。
オチだけど「ちゅうのおかげ」というのしか聞いたことなかったのだが、
今日の三三さんは「15円」に関する事件が解決して
「おっかあ、腹減った」「たくわんしかないよ」
「孝行息子にはちょうどいい」というようなオチで
びっくりの展開に最後まで興奮で、素晴らしかった!

|

« ニューイヤーコンサート2009 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43880478

この記事へのトラックバック一覧です: 柳家三三 独演会:

« ニューイヤーコンサート2009 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 5 »