« 黒門亭で古今亭志ん橋 | トップページ | 第1636回N響定期公演 »

2009年1月25日 (日)

あさひ亭で菊志ん・文左衛門

今日は昼からゆっくり地元の落語会へ。
第31回 あさひ亭まねき寄席
横浜から相鉄線で二俣川という駅にある
横浜市旭区のサンハートという文化センター。
二俣川へは私は電車でもバスでも歩きでも行けるので!
席も指定席なのでお昼を食べてからのんびり出掛けた。

春風亭朝呂久:道灌
橘家文左衛門:寄合酒
古今亭菊志ん:権助提灯
古今亭菊志ん:芝居の喧嘩
橘家文左衛門:のめる

会場に入ると今日の前座さんは朝呂久さんだった。
いつも東京にまで聞きに行って、それで会える人が
今日はわざわざこちらにまで来てくれているんだなあ…
って思うと何だかありがたくって、うれしくなる。
朝呂久さんは、今日は「道灌」だった。
年末に「たらちね」を聞いているのだけど、
何か、今日はすごくよかった。今回の「道灌」は好き。
そして文左衛門さん登場!やっぱりいいです。
前半に「寄合酒」と後半トリで「のめる」。
会場も広いし、ちょっと客の年齢層が高いというか…
でも今日はすごくうけていた。お客さん、みんな笑っていた。
明るいムードになって、温度も上がって、いい空気だった。
文左衛門さんって独特の雰囲気があるのだけど
でも客によらずに自在に演じて、どんどん自分のペースに
上手いなあ、すごいなあって、惚れなおしました!
後半の「のめる」では完全に文左衛門ワールド全開!
あの強面キャラにお年寄りも夢中になって笑った!
私ももちろん大喜び!本当によかったのです。
菊志んさんも快調にしゃべっていた。
後半の「芝居の喧嘩」という噺は今日が初めてで
猛烈な早口で滑舌がよくって、いきいきと鮮やかに。
やはりうけてました。あのスピード感に
会場のお年寄りが食らいついていく!すごい。
地元でこんなにもいい落語会に出会えるというのは宝だ!

20090125

それで次回のあさひ亭まねき寄席、
仲入りにチケットをしっかり確保!やった!
柳家はん治さんとなんと!春風亭百栄が登場!
うわ~百栄さんが地元にきてくれます!
どこまでやってくれるのだろう?会場の反応は?
4月18日の土曜日。14時開演。

|

« 黒門亭で古今亭志ん橋 | トップページ | 第1636回N響定期公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43856216

この記事へのトラックバック一覧です: あさひ亭で菊志ん・文左衛門:

« 黒門亭で古今亭志ん橋 | トップページ | 第1636回N響定期公演 »