« ロサンゼルス・フィル2006/2007 | トップページ | 橘家圓太郎・柳家さん喬 »

2009年1月17日 (土)

黒門亭で柳家小満ん

今日の黒門亭は第1部が「光る二ツ目の会」で
第2部が「八代目文楽特集」という楽しみな内容。
そして小満ん師匠をぜひ聞きたくて行ってきた。

第1部 光る二ツ目の会 その59
金原亭馬吉:辰巳の辻占
林家扇:寿限無
春風亭朝也:味噌蔵
川柳つくし:心中夫人
柳家ろべえ:やかんなめ


馬吉さんがこの後にお仕事が入っているそうで
開口一番が前座さんではなく、馬吉さん登場。
今度またじっくり聞かせてください!
朝也・馬吉・つくし・ろべえという顔ぶれだから
かなり魅力的なメンバーだと思うのです。
特に朝也さんの「味噌蔵」はじっくり聞いた。
45分にも及ぶフルバージョンだと思うのです。
つくしさんは新作で心中ものだけど軽やかに!
ろべえさんを聞くのは今日が本当に初めてで
師匠ゆずりの虚弱体質マクラから噺で一気に盛り上がる展開!
「やかんなめ」のお侍は最高でした!はまる…

第2部 八代目文楽特集
三遊亭歌すみ:道灌
古今亭志ん馬:寝床
金原亭世之介:明烏
柳家小満ん:按摩の炬燵


第2部は超満員で内容もいいし、顔ぶれも最高だ。
「寝床」「明烏」「按摩の炬燵」と三席とも極上で至福の空間。
世之介さんの遅刻(前にお仕事があって)により
志ん馬さんの「寝床」が長大な展開となって、
でも最近聞いた「寝床」の中では圧倒的によかった!
夢中になって釘づけで聞いていたのだから。
世之介さんが時事ネタのマクラで辛口トークが刺激的!
「明烏」がまた、何と魅力的だったこと!面白くって。
そしてトリの小満ん師匠。しっとりと格調高く。
何て素晴らしい。感動します。いいんだな~。
先週に続いて、一番前の右側の同じ座布団で聞いたのだが、
按摩さんが(目を閉じて)酒を飲みながらずっと独り言、
私に向かって、長々と語ってくださいました。
終演後、小満ん師匠は楽屋に上がらずに
お客さんのお見送りをされるのだけど、お礼を言って、
「今度は関内ホール(柳家小満んの会)に伺います」と申し上げたら
案内ハガキを下さるって、うれしい。楽しみ!
今日の黒門亭は本当に素晴らしい会だった。

|

« ロサンゼルス・フィル2006/2007 | トップページ | 橘家圓太郎・柳家さん喬 »

コメント

「柳家小満んの会」の案内ハガキをいただきました。

第91回 横浜 柳家小満んの会
3月19日(木)18:30~20:30
関内ホール(小) 2000円
「伊勢詣り」「鶴満寺」「樟脳玉」

ぜひお伺いします。

投稿: たけお | 2009年2月20日 (金) 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43771129

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で柳家小満ん:

« ロサンゼルス・フィル2006/2007 | トップページ | 橘家圓太郎・柳家さん喬 »