« バイロイト音楽祭2008 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »

2009年2月 5日 (木)

バイロイト音楽祭2008

20090205a

バイロイト音楽祭のホームページより
舞台神聖祭典劇「パルジファル」第1幕の舞台写真である。
http://www.bayreuther-festspiele.de/

2008年のバイロイト音楽祭から舞台神聖祭典劇「パルジファル」。
第1幕を聞いている。今日は後半で舞台転換よりも後の部分。
寺院の場面で神聖な儀式が行われるが、
ダニエレ・ガッティの指揮は非常に柔らかい響きを引き出し、
ここでも丁寧に優しさまでもが感じられる繊細な歌い方である。
でも何となく思うのは、ドイツ人指揮者による引き締まった印象、
厳粛にして厳しい音作りとはずいぶんと違っており、
その辺はイタリア人的なワーグナーなのかなと…
2008年のガッティ指揮による第1幕の演奏は115分で
2005年のブーレーズが91分だから、ずいぶん違ってくる。
極端に速いブーレーズと遅さが目立つガッティなのだが、
2007年のアダム・フィッシャーは101分であり、
そのぐらいがちょうどよかったのかな?って、
今さらながら思うのである。完璧だった。

20090205b

写真は寺院における儀式の場面と思われるが、
正直、詳しいことはよくわからない…
でも今回のステファン・ヘアハイムの演出では、
ドイツの歴史がテーマとなっているようで
第3幕は第2次世界大戦後を表現しているそうなので、
ということは、第1幕はそれよりも前ということになるのだが。

CDR510/511/512/513

「バイロイト音楽祭」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« バイロイト音楽祭2008 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/43968164

この記事へのトラックバック一覧です: バイロイト音楽祭2008:

« バイロイト音楽祭2008 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »