« 黒門亭で雲助・扇治 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »

2009年2月 8日 (日)

バイロイト音楽祭2008

20090208a

バイロイト音楽祭のホームページより
舞台神聖祭典劇「パルジファル」第3幕の舞台写真である。
http://www.bayreuther-festspiele.de/

2008年のバイロイト音楽祭から舞台神聖祭典劇「パルジファル」。
今日から第3幕を聞いている。音を取り込み、現在編集中。
第2幕は迫力で盛り上がったのだが、第3幕に進むと
再びガッティの指揮はスローテンポになって、
とにかく丁寧に音楽を扱って、しかしちょっと遅い…
会場の聴衆もさすがに我慢の限界だったのか?
最後のところで音が鳴りやむ前に拍手が起きてしまう。
ひとりがはじめると後は雪崩のように…という感じだが、
しかし「パルジファル」の音が消えていく感動的な幕引きに
拍手やブラヴォーの掛け声、これではすべてが台無しである。
なんか、残念というか、悲しい。これはないでしょ!

20090208b

第3幕のグルネマンツ、パルジファル、クンドリーの登場シーン。
「聖金曜日の音楽」の場面かどうかはわからないが、
グルネマンツがパルジファルに洗礼を施し、
クンドリーもまた救済されるというところ。
軍人の服装をしているのがパルジファルだと思うのだが、
戦争から帰還してきたということなのか?
この演出で第3幕は第二次世界大戦後の情景であるらしい。

CDR510/511/512/513

「バイロイト音楽祭」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 黒門亭で雲助・扇治 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/44003286

この記事へのトラックバック一覧です: バイロイト音楽祭2008:

« 黒門亭で雲助・扇治 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »