« 第1637回N響定期公演 | トップページ | シュトゥットガルト放送1999/2000 »

2009年2月14日 (土)

黒門亭で左龍・白酒

今日は一日、黒門亭で楽しく過ごしてきた。
第1部が恒例の「光る二ツ目の会」で
第2部には左龍さんと白酒さんが登場。
私はさん弥さんの追っかけなのだが、
さん弥さんの弟弟子でさん若さんが今日は出演で
さん若さんの追っかけのみなさんとの交流も楽しみ。

第1部 光る二ツ目の会 その61
柳家花いち:桃太郎
柳家小権太:寝床
月の家鏡太:粗忽の使者
柳家さん若:代書屋
春風亭朝也:崇徳院


小権太さんの「寝床」がすごくよかったのだけど
去年の年末からちょっと「寝床」は連続してしまっていて…
私の中でのベストは先月聞いた志ん馬さんが最高だ!
さん若さんの「代書屋」がすごくよかった。上手かった。
「代書屋」は面白いし、以前から大好きな噺なのだけど
でも楽しくって、生で聞いていることがプラスに
それはさん若さんの魅力でよく伝わってきたと思う。
第1部のトリは朝也さん。朝也さんはいいなあ~
早くも今年、もう四席目で慣れているということもあるし、
「崇徳院」という噺もいいですよね!
私は歌道に暗いのですが…

20090214a_2

第2部
柳家花いち:たらちね
柳亭左龍:蛙茶番
桃月庵白酒:替り目
無月亭清麿:千住詣り

左龍さんと白酒さんが圧倒的によかった!
左龍さんは今日も実に表情豊かで
「蛙茶番」の面白くって、盛り上がったこと!
そして白酒さん。またさらに熱く!盛り上がり。
汗だくの熱演は今日も魅力いっぱいで。
「替り目」で車屋とのやり取りでチョコをネタにはさんだり、
(バレンタインデーでマクラもチョコの話題)
おかみさんをこっそり褒めるところで
花いちさんの「たらちね」にちなんで
「丁寧な言葉遣いも普通に直ったし…」という引用も出て、
などなど、さすがに工夫に満ちて、夢中になってしまう!
後半の鍋焼きうどん屋や義太夫流しも演じてくれて
白酒さんの「替り目」は最高だ!面白かった。
正直、ここまでで精魂尽きていた感がある私で…
トリは清麿さんの新作で「千住詣り」。ディープです!
マニアックな世界に没入して行くところは
小ゑんワールドに近いのか?って少し思ってみたが、
清麿さんはディープな世界をしっとり語る方で
つまりガンガン押してくるところはなくって、
噺の内容は、昭和33年3月31日の「吉原の廃止」にちなんだ
そこにある人間模様はまさに重厚で真剣に聞かされる。

20090214b

|

« 第1637回N響定期公演 | トップページ | シュトゥットガルト放送1999/2000 »

コメント

さん若さんの「代書屋」は「まったく、あなたはね~」って感じで、ハンコをギューと押す仕草が好きです。

左龍さんはなんと言っても、あの顔がね!あの目が!インパクトありますよね。

投稿: やーちゃん | 2009年2月15日 (日) 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/44062866

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で左龍・白酒:

« 第1637回N響定期公演 | トップページ | シュトゥットガルト放送1999/2000 »