« 横浜の風景から 30 | トップページ | ケルン放送交響楽団1966/1967 »

2009年3月16日 (月)

ベルトラン・ド・ビリー

ベルトラン・ド・ビリー指揮ウィーン放送交響楽団による
ベートーヴェンの交響曲シリーズで第5番と第6番。
第5番が2007年8月、第6番が2008年2月の録音である。
レコードとしての仕上がりだが、美しい音を聞かせようという
そういう気持ちはあまりないようで、ちょっと言い過ぎか…
しかしこの非常に生々しく、荒々しいまでの力の入れ方、
動きがあって、ザラザラした感触、なかなか興奮させられる。
ウィーン放送交響楽団は独特の音色をもっているような感じではなくて、
むしろとことん機能性を追求して、極めて近代的な佇まいである。
きびきびと性能よく動き回る一方でそこに味わいは求められず、
でもベルトラン・ド・ビリーの音楽作りは面白いし、発見もあるし、
興味ある人には満足だけど、そうでない人には魅力はないのかも。
私は大喜びで聞いているが、やはりマニアックな印象ではある。

OEHMS OC 630

|

« 横浜の風景から 30 | トップページ | ケルン放送交響楽団1966/1967 »

コメント

5月7日の朝、NHKFMでベルトラン・ド・ビリーの「英雄」を聴きました。途中からでしたが、ぐいぐいと音楽に引き込まれ、いつの間にか熱くなっている自分に気づく。
オケも十分にうまいし、いったい誰の指揮なのか? 4楽章の途中で職場につき、確かめられもせず。先週が初めての出会いで、まだ若い指揮者ということで、これからが楽しみです。

投稿: バイオケム | 2009年5月 9日 (土) 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/44371972

この記事へのトラックバック一覧です: ベルトラン・ド・ビリー:

« 横浜の風景から 30 | トップページ | ケルン放送交響楽団1966/1967 »