« 横浜の風景から 33 | トップページ | 現場レポート~住宅C »

2009年4月 6日 (月)

ゲヴァントハウス管弦楽団1998/1999

ヘルベルト・ブロムシュテットの指揮で
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の
1998年から2005年までのライブを集めた5枚組ボックス。
ずっと欲しかったのだが、少し前に特価で出ていたので
このチャンスを逃さずに購入してきた。
今日はその中からブルックナーの交響曲第3番。
もちろん1873年の第1稿による演奏である。
ブロムシュテットは好んで第1稿を取り上げている。
(1998年9月3,4日にゲヴァントハウスでライブ収録)
素晴らしい名演だ。まず感じるのが、音楽がよく整理されている。
何と見通しのいい。引き締まった響きで圧倒的な集中力。
ブロムシュテットのブルックナーはいつも好評なのだけど
その中でも特に優れている演奏といえるのではないか。
録音も優秀でライブの迫力と緊張感を見事に伝えている。
特に第2楽章の神秘的な清らかさは格別だし、
終楽章のたたみ掛けるような勢いにも興奮である。

QUERSTAND VKJK0507

|

« 横浜の風景から 33 | トップページ | 現場レポート~住宅C »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/44590752

この記事へのトラックバック一覧です: ゲヴァントハウス管弦楽団1998/1999:

« 横浜の風景から 33 | トップページ | 現場レポート~住宅C »