« 黒門亭で文生・小勝・雲助 | トップページ | ゲヴァントハウス管弦楽団2004/2005 »

2009年4月26日 (日)

五六の会でさん弥・右太楼

御徒町から池袋経由で埼京線の板橋へ。
五六の会!さん弥さんと右太楼さんです。


柳家小ぞう:粗忽の釘
柳家右太楼:天狗裁き
柳家さん弥:道具屋
柳家さん弥:あくび指南
柳家右太楼:ねずみ


前座さんはさん弥さんの弟弟子で小ぞうさん。
6月下席から二ツ目に昇進である。
今日は「粗忽の釘」でしっかり聞かせてくれて、
もう落語も存在感も二ツ目だ!って、私は思ったけれど。
さん弥さんは「道具屋」と「あくび指南」の二席。
今回ネタ出しだったのが「道具屋」で
えっ「道具屋」?って、正直思っていたけれど、
さん弥さんの「道具屋」は大好きなのでいいのだが、
すると「道具屋」で30分以上。長編です。
道具の数も多いし、面白いし、笑えるし、最高!
「さん弥さんの道具屋を二時間ぐらい聞きたいね」って
仲入りにみなさんと楽しく会話で全員ご機嫌。
しかし「道具屋」にしても「あくび指南」にしても
今日だけで聞くの二回目です。何かの嫌がらせ?
右太楼さんもネタ出しの「天狗裁き」を最初に演じて、
トリは何が来るのだろう?って思っていたら
何と「ねずみ」が来た。すごいです。
「ねずみ」は人気あるけれど、結構大ネタだよね?
「竹の水仙」もよくかかるし、二ツ目さんの間では、
左甚五郎は大人気なのだろうか?
私も「竹の水仙」「三井の大黒」「ねずみ」と好きなので
右太楼さんには左甚五郎シリーズをぜひ!
さん弥さん、右太楼さん、ありがとうございました。

|

« 黒門亭で文生・小勝・雲助 | トップページ | ゲヴァントハウス管弦楽団2004/2005 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/44811528

この記事へのトラックバック一覧です: 五六の会でさん弥・右太楼:

« 黒門亭で文生・小勝・雲助 | トップページ | ゲヴァントハウス管弦楽団2004/2005 »