« 志ん八・志ん公・白酒 | トップページ | セルジュ・チェリビダッケ 22 »

2009年5月18日 (月)

ひぐらし寄席 隅田川馬石

はっきりいって馬石さんが大好きで
私は馬石さんの「お富与三郎」マニアだ!
日暮里の「ひぐらし寄席」における
「お富与三郎」シリーズも今回が最終回。
いよいよ佐渡からの「島抜け」の場面である。
そして今日は雲助師匠がゲスト出演。

古今亭志ん坊:たらちね
隅田川馬石:強情灸
五街道雲助:付き馬
隅田川馬石:お富与三郎「島抜け」


今日も前座さんは志ん坊さん。うれしい!
お気に入りの前座さん。演目は「たらちね」。
長すぎてもいけないので適度に飛ばしているのだが、
演じているところはすごく丁寧にじっくり聞かせてくれて、
志ん橋師匠の存在が感じられるのはうれしい!
続いて馬石さんが挨拶をかねて、軽く一席と「強情灸」。
雲助師匠のお話をして、尊敬の思いがひしひし伝わってきて、
やっぱりいいなあ~灸を山盛りのシーンは会場大盛り上がり。
雲助師匠も馬石さんの話をして、長講連続ものを演じる苦労、
それに熱心に取り組んでいる馬石さんをたくさんほめて、
師匠も素晴らしいし、お弟子さんも立派!素敵な師弟関係。
雲助師匠は「付き馬」をたっぷり。これがまた最高だった!
面白くって面白くって、私は笑い転げていたが、
でも師匠の独特の張りつめた空気が緩むことはないし、
いつもの格調高い芸は健在!本当に見事な「付き馬」だった。

仲入り後はいよいよお富与三郎「島抜け」である。
これまでの筋をふり返り、まさに締めくくりとなる。
佐渡に流された与三郎が「お富にもう一度会いたい」と
お富を懐かしみ、不幸な身の上に苦しむシーンにはじまる。
ここでの特長は、心にある想いを素直に口にして、
すごく人間っぽく感じられる与三郎が印象的。
馬石さんの「島抜け」では江戸からの仲間で
三人組で脱走を試みるのである。
この辺は先代馬生師匠の「島抜け」とは違っているところで
でも感じられたのは、脱走を先頭で導くのは仲間であり、
ここでも与三郎はそれに従っているだけのどことなく弱さもあって、
やはり元々は大店の若旦那である人間性は変えられるものではなく、
私はこの辺がすごくいいと感じられたところ。
先日翁庵で聞いた「稲荷堀」でも与三郎は真の悪になりきれない…
というのが馬石流与三郎の特長だったのだが、
「島抜け」に至るまで、それが最後まで貫かれたことはよかった。
今日はお富は出てこなかったので、与三郎に関心が向くけれど、
ちょっとした過ちから人生のすべてが狂いだし、
壮絶で悲劇的な展開を生き抜く与三郎だが、
人間の本質は決して変わることはなく、血も涙もある…
噺の中に少しの暖かさの感じられる与三郎が創造されたことが
馬石さんの「お富与三郎」の最大の魅力であったと思う。
ひぐらし寄席の次回は「お初徳兵衛」。ゲストは志ん公さん。
ぜひ今後も長編シリーズものを期待しています。

|

« 志ん八・志ん公・白酒 | トップページ | セルジュ・チェリビダッケ 22 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/45062236

この記事へのトラックバック一覧です: ひぐらし寄席 隅田川馬石:

« 志ん八・志ん公・白酒 | トップページ | セルジュ・チェリビダッケ 22 »