« 柳家小ゑん「すて奥」 | トップページ | 市馬・たい平・喜多八 »

2009年5月 6日 (水)

大番寄席で馬治・馬吉

連休最後の日、今日は地元の落語会に出かけた。
「第3回 希望ヶ丘・大番寄席」
地元といっても近所の会で会場まで徒歩8分。
馬吉さんが兄弟子の馬治さんを連れてきてくれて
「馬治と馬吉 若手・兄弟会」という楽しみな企画。

宝井琴柑:山内一豊の妻
金原亭馬吉:紙入れ
金原亭馬治:お見立て
馬治と馬吉:茶番(忠臣蔵 五段目「山崎街道の場」)
金原亭馬吉:猫の災難

開口一番は講談で宝井琴柑さん。
私は正直いって講談のことはわからないのだが、
すごくお若いのに上手だなって思ったけれど、
話の方は有名な「山内一豊の妻」で
帰ってネットで調べたところ「出世の馬揃え」という演目か?
「馬を揃える」そういうこと!馬治と馬吉で馬が揃った。
全然気付きませんでした。いろいろな仕掛けがあるのです。
ぼ~っと聞いてちゃダメですね…
馬吉さんはレギュラーでこの界隈では有名人!だが、
今日は「紙入れ」にはじまり、後半は「猫の災難」。
いいネタをかけてくれます。「猫の災難」を聞けるとは…
改めて書くまでもなく、馬吉さんはいいですよ!
そして馬治さん。実は今回初めて聞いてみた。
すごくいい!すっかりファンになってしまった。
私の好みの噺家だ!きれいな落語を聞かせてくれる。
よく落語会でお噂(おばちゃんたちの話)は聞いていた。
「馬生さんのところの馬治さんはいい男ね!」って。
そういう感じの姿も語りもすごくきれいなのだが、
それが「お見立て」で田舎っぺのお大尽を派手に演じて、
崩れていくところが面白さであり、芸の奥行きであり、
今日の「お見立て」はとにかくよかった。
ぜひまた馬治さんを聞きに行きます。
そして仲入り前にもうひとつ!馬吉さん再び登場で
金原亭のこのおふたりといえば茶番。
忠臣蔵の五段目で「山崎街道の場」
面白くって面白くって、会場は大爆笑!
馬吉さんの与市兵衛がボケをかまして
馬治さんの定九郎が突っ込みを入れるという…
本当によかったです。最高に盛り上がった。
次回の「大番寄席」は7月26日(日)14時~だそうです。

|

« 柳家小ゑん「すて奥」 | トップページ | 市馬・たい平・喜多八 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/44923101

この記事へのトラックバック一覧です: 大番寄席で馬治・馬吉:

« 柳家小ゑん「すて奥」 | トップページ | 市馬・たい平・喜多八 »