« 市馬・たい平・喜多八 | トップページ | 黒門亭で白酒・萬窓 »

2009年5月 8日 (金)

林家三平・林家正蔵

「三平・正蔵」といっても先代なのです。
昭和の大名人による貴重な音源をCD化。
いま話題のネタじゃなくて、どうもすいません。
初代の林家三平で「湯屋番」
八代目の林家正蔵で「淀五郎」「普段の袴」
「普段の袴」は彦六を名乗った晩年の高座より。
三平さんの「湯屋番」だが、ここでも脱線してばかり。
でも聞けば聞くほど、実はしっかりとした「湯屋番」である。
会場は大爆笑で異常な盛り上がりだけど
その独特の空気ながら噺の方はきちんとしている。
こんな「湯屋番」は許せない!って人もいると思うけど、
私はこういうのもあっていい!というか
これを生で聞いていた当時の人がうらやましい。
雰囲気はガラッと変わって、八代目の正蔵さん。
きりりと引き締まった声で「淀五郎」。感動だ。
こうした芝居噺の正蔵さんは最高だと思う。
そして晩年の「普段の袴」はこれがまた独特の味わい。

|

« 市馬・たい平・喜多八 | トップページ | 黒門亭で白酒・萬窓 »

コメント

テレビ五月十三日で回答できないならば弟にこぶ平に自分がいっペイやいってましたけど本当にしてくださいよテレビでいってたからかるがるしくいうのは先代にもあなたたちは襲名したのにかるすぎますテレビでいったんですからこぶ平いっぺいで頑張って下さい             初代三平師匠のファンより

投稿: きんちゃん | 2009年5月13日 (水) 01:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/44944708

この記事へのトラックバック一覧です: 林家三平・林家正蔵:

« 市馬・たい平・喜多八 | トップページ | 黒門亭で白酒・萬窓 »