« ノリントンのモーツァルト 3 | トップページ | さん弥番外地でさん弥・鬼〆 »

2009年5月31日 (日)

浦和にて天どん・さん弥

今日のさん弥さんは一日で五席の日!
朝はゆっくりだったけど、11時過ぎに家を出て、
2時間かけて浦和まで行ってきた。
さいたま落語亭(その5) 若手落語家を育てる会
浦和駅から徒歩数分の市民文化センターで
天どんさんとさん弥さんによる二人会

柳家さん弥:道具屋
三遊亭天どん:明烏
三遊亭天どん:堀の内
柳家さん弥:不動坊


このコンビには以前に黒門亭の「光る二ツ目の会」でも遭遇しているが、
絶妙な味わいでファンにはたまらないという…
さん弥さんによると「落語界の鬼才と野獣による二人会」だそうで
天どんさんもそれに応えて「下着泥棒と人殺し」みたいな顔をしているって。
よっ!「落語協会の指名手配犯」それを監視する熱烈ファンたちが大集合。
さん弥さんはお得意の「道具屋」でスタートだが、
この前の「五六の会」でも聞けた普通の「道具屋」では聞けない道具たちを
今回も少し取り込んで、聞き慣れた「道具屋」だけど、ちょっと新鮮な面白さ。
相変わらず挙動不審で怪しい与太郎さん(かなり不気味)が丁寧語で接客。
続いて天どんさんが昼間っから廓噺やりますって「明烏」だ。大好きな噺。
今回は天どんさんは古典を二席でそんなにいじくることもなく。
新作が得意な噺家さんの古典って、やっぱり発想が自由なのか?
聞いているこちらもちょっと違う感覚で楽しめて、すごくいいのです。
「明烏」がたっぷりで仲入り後は短くしますって「堀の内」を
風呂屋へは行かずに家に戻ってきたところで切ってしまって、
後から聞いた話、トリのさん弥さんは慌てたそうな!
嫉妬のマクラから「吉っつぁん、所帯を持たないかい?」って
お~!「不動坊」だ。こちらも大好きな噺。よかった~
天どんさん、さん弥さんに挨拶して、さん弥さんよりもお先に両国へ。
夜は「さん弥番外地」。さん弥さん、残り三席、がんばって!

|

« ノリントンのモーツァルト 3 | トップページ | さん弥番外地でさん弥・鬼〆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/45200958

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和にて天どん・さん弥:

« ノリントンのモーツァルト 3 | トップページ | さん弥番外地でさん弥・鬼〆 »