« ノリントンのモーツァルト 5 | トップページ | カラヤンの1980年代 30 »

2009年6月17日 (水)

パリ・オペラ座 2008/2009

今シーズンのパリ・オペラ座の公演で
ヤナーチェクの歌劇「利口な女狐の物語」
デニス・ラッセル・デイヴィスの指揮で
アンドレ・エンゲルの演出による舞台。
女狐ビストロウシカにエレナ・ツァラゴワ
雄狐はハナ・エステル・ミヌティルロ
森番にはユッカ・ラシライネンが出演。
2008年10月に収録された映像で
BShiで放送されたものを録画して観ている。
ヤナーチェクが大好きなのだが、
「利口な女狐の物語」は組曲では聞いていたけれど
今回はじめて全曲を聞くことができた。
素晴らしい!ヤナーチェクは何て美しい音楽。
エレナ・ツァラゴワの女狐が大活躍で一番だけど
やはりユッカ・ラシライネンの森番に私は注目。
人間と動物、昆虫、植物、自然、感動的な作品である。

DVDR109

|

« ノリントンのモーツァルト 5 | トップページ | カラヤンの1980年代 30 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/45373559

この記事へのトラックバック一覧です: パリ・オペラ座 2008/2009:

« ノリントンのモーツァルト 5 | トップページ | カラヤンの1980年代 30 »